転職と退職

【入社3、4年目】転職する?残る?タイミングを見極めるポイント

入社3、4年目の転職のタイミングを見極めるコツとは

入社3年目、4年目になると、今の会社で働き続けるかそれとも将来を見据えて転職するか考える時期です。

今の会社だと給料が上がらない、キャリアアップが期待できないから転職を考えるという人もいるかもしれません。

しかし慣れ親しんだ会社を辞めるのは、大きな決断ですよね。

ただこのまま転職を迷って現状維持をすると、あっという間に1年、2年と月日が経ってしまい、転職に不利になってしまう可能性があります。

この記事を書いている筆者は、入社3年9ヶ月で転職経験をしました。

ここではその体験談を基に、転職するか会社に残るかの決断方法を紹介していきます。

入社3、4年目の人が仕事を辞めるか迷う理由7つ

まずは、自分が転職を考えたきっかけを知り、本当に転職をするべきなのかを考えましょう。

仕事にマンネリ化しているから

仕事ができるようになってくると、毎日同じことの繰り返しに慣れしまいマンネリ化します。

自分の成長実感が感じられないと、やる気も低下して転職を考えるようになります。

仕事に向いていないと感じるから

入社して3、4年経っても苦手な業務があるため転職を考える人も少なくありません。

「このまま仕事を続けてもつらい思いをするだけなんじゃないか?」と思ってしまいますよね。

他に自分にあった仕事や職場環境があるため、転職を考えてもいい理由の1つです。

関連記事:【入社3年目】いまの仕事が自分に向いてないと感じた時の対処法

会社の方針が合わないから

人間関係や仕事内容は好きだけど、会社の方針に納得がいかないという場合があります。

会社の方針やシステムを変えるには時間がかかりますし、それなりの立場に昇進する必要も出てきます。

関連記事:社風が合わないことがストレス!仕事を辞めたいのは甘えではない

人間関係に疲れたから

毎日顔を合わせるスタッフとの人間関係が面倒になり、リセットしたいと思いますよね。

仕事だけこなしているのであれば問題ないのですが、人間関係は時に修復できない場合があります。

特に女性同士の人間関係は、気を遣いますし仕事を続ける上でストレスになってしまうのであれば、自分に合った環境の職場に転職を考えてもいいと考えます。

仕事の評価がされないから

仕事でどんなに成果を出しても、一時的に褒められて感謝されるだけで「自分じゃなくてもいいんじゃないか」と考えてしまう人も少なくありません。

また、お給料に反映されないとなると、自分は何のために頑張っているのかと思ってしまうこともあるでしょう。

仕事に対してのやりがいを感じられにくくなっている点も原因として挙げられます。

給料が低いから

3、4年今の仕事で働いてきたあなたは、業務経験も踏んでいて実力がついていることでしょう。

それでも入社当時と給料が変わらない場合は、転職を考えてみるのも1つです。

身につけたスキルや経験を活かして転職ができれば、給料アップが望めるかもしれません。

残業があり、休みが不定期だから

拘束時間が長く残業がある、休みが不定期で仕事を続けるには今後体力的にキツイと感じている人もいるでしょう。

将来のことを考えた時に、労働条件のいい会社へ転職を考える人は少なくありません。

入社3、4年目で転職するときの判断方法

自分の将来を考えた上で、今の職場ではない場所でキャリアを築くことであなたの成長へ繋がることがあるからです。

これから紹介する項目に当てはまっている場合には、自分のキャリアアップとして転職するタイミングかもしれません。

自分に合った転職先に就職できるチャンスを掴むためにもタイミングを逃さないようにしましょう。

今の会社で1年後、3年後の自分が想像できない

今の仕事で1年後、そして3年後を想像した時にあなたはどんな自分になっていたいですか?

目標にする人物像や目標がないと、仕事の活力が生まれにくいですなよね。

そして仕事へのモチベーションがなくなると、毎日の仕事に退屈さを感じてしまいがちです。

このまま今の仕事で目標を見つけるか、それとも新しい仕事に挑戦してみるかのどちらかです。

この記事を読んでいるあなたはもう既に今の仕事での目標を達成し終えた人かもしれません。

その場合、これからは経験や実績、強みを活かしたキャリアアップとして転職を選ぶのも1つの選択肢なのです。

このままただなんとなく仕事生活を過ごしてしまって、また1年後の同じ時期に同じことを考えたらどうでしょうか?

転職を考えたとき、早く動いた方があとあとの自分のためでもありますよね。

このまま会社で働いていても学ぶことがない

職場の雰囲気に慣れて、周りと仲良く過ごすことは安定していていいかもしれません。

しかし、あなたのキャリアを考えた上で「成長を感じたい」、「もっと上昇志向で挑戦していきたい」と思うなら今の環境に満足していないのではないでしょうか?

その場合は、環境を変えて成長できる場に身を置くことも大事です。

挑戦できるタイミングや機会がある今だからこそ、できることもあります。

年齢を重ねると、安定志向になっていくのでもっと決意しにくい状況になってしまいます。

たしかに、慣れた環境は安心できるし離れるのはもったいないことかもしれません。

しかしチャンスを掴めるのは、これからも必ずあるわけではありません。

そう思ったらタイミングを見逃さないことも大事なのではないでしょうか?

他に違う仕事に挑戦してみたい、やってみたい仕事がある

どうしても捨てきれない道がある、やってみたいけど躊躇していたことはありますか?

理由として、自分に向いていないかもしれないから…とか失敗したら後悔するから…と思って避けてきた道があるかもしれません。

しかし大抵のことは、やってみないと分からないことが多いです。

やらないで後悔するよりも、やってみてダメだったらそれで諦める。

長い目で人生を考えたときに、やらないで後悔するよりもやってみたほうが後悔しないですよね。

もしあなたの中で捨てきれない選択肢があるのなら、これからはやってみる勇気を持ちましょう。

ちゃんと評価をされたい、収入を増やしたい

このまま同じ職場で働いていても、なかなか昇給が難しかったり時間がかかったりする場合ってありますよね。

あなたのスキルや経験を活かせば、新しい職場で給料アップが叶うかもれしれません。

あなたの能力に対して適切な評価をしてくれることは、仕事へのやる気をさらにアップさせてくれます。

入社3、4年目で転職を意識したらまずは動いてみること

転職を少しでも考えているなら、動いてみて決断する方法があります。

今の会社よりもいい条件の会社を探してみたり、挑戦したい業種や職種に応募して実際に選考を受けてみるのもいいでしょう。

未経験で入社できないとすれば、その仕事につくための方法を調べてみましょう。

求人探しは、求人数の多いリクナビNEXTがおすすめです。

今の会社よりも待遇が良い会社があるなら転職するという選択肢を考えてみてもいいですし、逆に転職活動をして今の会社の良さを客観的に気づける機会にもなるかもしれません。

最終的に今の仕事を続ける結果になってもいいと思います。

大事なのは、何もせずにただ漠然と転職を考えて今の仕事をとりあえず続けてみるのではなく、とにかく動いてみることです。

今の会社でもっと頑張ったほうがいいのか、それとも転職をしたほうがいいのかの判断材料を集めていきましょう。

転職するかしないかに悩んだら、直接相談ができる転職サービスを活用する手段もあります。

利用は無料なので、専門家のアドバイスをもらったほうが転職活動をせずに答えを導き出すことができるかもしれません。

転職エージェントは、業界トップのリクルートエージェントがおすすめです。

登録は最短でたったの5分で終わるので、転職するかどうかの迷いを晴らしたい人は登録してみましょう。

関連記事:【20代向け】おすすめの転職エージェントを厳選しました

さいごに:やってみないとわからない、後悔ない人生を!

入社3、4年目になると、仕事に慣れてきてこのまま仕事を続けていくのか迷う時期ですよね。

なかなか転職に踏み切れないという人も多いと思います。

誰でも、積み上げてきたものを捨てて新しいことを始めるのは怖いですよね。

今の仕事を続けるにせよ、行動を起こしたことがきっかけで前に進むことができるようになりますよ。

つばめ
つばめ
転職したほうがいいか、しないほうがいいかモヤモヤしているなら、転職について相談だけでもしておきましょう!
ABOUT ME
つばめ
つばめ
25歳でキャリアコンサルト国家資格を取得。飲食店、販売職、塾講師、ベルガール、グランドスタッフ、コールセンターなどの職種を経験。現在はブロガーとして月間1万PVの当メディアを運営。高校から大学まで英語を専攻し、カナダ留学の経験あり。女性の自由な生き方を発信している。 詳しくはプロフィールにて。