転職と退職

【20代女性】転職のための資格取得は、キャリアプランで決めよう

【20代女性】転職ための資格は必要?

「転職をするために有利になる資格ってなんだろう」

「そもそも転職に資格って必要なの?」

20代女性が転職を考えた時に、有利な資格があれば取得してから転職をしたいと思う人は多いはずです。

以前であれば、女性は秘書検定や簿記などの資格を取得していれば就職活動でも有利だといわれてきました。

ですが、転職には必ずしも資格は必須ではありません。

特に20代後半になると、大事なのは前職での実務経験や身につけたスキルが評価の対象になるからです。

とはいっても、ケースによっては転職をする際に有利になる場合もあるので、どういったケースなのかを見ていきましょう。

つばめ
つばめ
自分が本当に資格の取得が必要なのか、この記事を通して確認してみてください。

転職で資格が有利になる場合

転職をする上で資格を活かすことができるケースは、下記の2つがあります。

  1. 未経験職種への知識を習得しているという証明
  2. 自分のスキルや能力の証明

未経験職種への転職の場合には、職業経験はなくても業務に必要な知識を体系的に理解しているという評価に繋がり、資格を持っていることで評価される可能性があります。

会社によってを評価の対象は異なりますが、たとえば最近人気なエンジニアの仕事では、独学で専門知識に関わる資格を取った人を評価してくれる会社もあります。

未経験職種の場合は、スキルアップとして関連する資格を取得しておくと有利になるといえるでしょう。

また、別のケースで有利になる可能性があるのが『自分の能力やスキルを証明するための資格』です。

転職の際には、実績や経験を職務経歴書に記載し、企業にアピールします。

その際に、今までの業務や職業に関連する資格を持っていると、よりスキルやキャリアの証明になります。

たとえば、販売職をしていた際、販売士の資格を取得していることで実力として認められることもあるでしょう。

企業はこれからますますスキルや実績を見ていく

資格は、あっても無駄にはなりません。

ですが、転職に有利だからといって闇雲に資格を取ることはおすすめできません。

企業が見ているのは、「何ができるか」というところです。

前職が販売職だとしても販売士の資格があるからといって次の仕事に直結するわけではないからです。

大事なのは、企業にどうアピールするかなので、資格を取得するのが目的になってしまうと活かしきれない場合もあるので注意しましょう。

資格を取ることに集中して転職のタイミングを失ってしまうことも考えられます。

じゃあ、どうしたらいいの?

転職には資格は必要ないの?

せっかく転職をするなら、有利に転職を成功させたいと思うのが普通です。

これからの転職を、自分が納得した形で成功させるために必要なことを紹介していきます。

転職のための資格を考えるとき「何を目指したいか」が大事

転職をする際、有利な資格の取得を考えてしまいます。

ですが、目先のことではなく、今後自分のキャリアに繋がる資格の取得を考えるほうが、結果的に転職でもアピールすことができます。

まずは自分のキャリアプランを立てて、その上で資格が必要なのかを整理してみましょう。

キャリアプランを立てて取得すること

あなたは、なぜ転職をしたいのでしょうか?

転職の目的、きっかけ、転職後にどんなキャリアを築きたいのかがはっきりしないと資格が必要なのかがわかりません。

まずは、キャリアプランをはっきりさせることが大事です。

「自分は将来こういうことをしていきたい」

「こんなキャリアを目指したい」

今までのスキルや経験を活かしてさらにキャリアアップできる会社で活躍したいのか、新しい職種にキャリアチェンジしたいのかでもキャリアプランは変わってきます。

今の会社だと将来性が見えなかったり、社内でのロールモデルがいないことで先が不安になって転職を考えることもあるかもしれません。

資格を取るにしても目標に繋がるように、まずは自分がどんなキャリアを築いていきたいかを考えてみましょう。

関連記事:やりたい仕事が見つからない!【自分に合った仕事の探し方】

キャリアプランがはっきりしない場合

キャリアプランがはっきりしない場合は、まずは興味のあるスキルや知識の資格取得を考えてみてもいいかもしれません。

現代女性は、自分が目指したいキャリアに向けて、足りない知識やスキルを資格を通して勉強している人が増えてきています。

時代によって資格を取る目的が変わってきているのです。

  • 独立して一人で仕事をしていきたい
  • 副業やキャリアチェンジを叶えたい
  • 今の仕事で必要な知識やスキルを身につけて幅を広げたい

このように、資格を通じて足りないスキルや知識を身につける方法に変わってきています。

キャリアプランがはっきりしないという場合には、まずは自分が興味がある分野なのかを見極めるためにも、先に勉強から始めてみるのもいいかもしれません。

たとえば、キャリアに関心がある人は、「キャリアコンサルタント」、お金の運用方法をもっと知りたいという人は「ファイナンシャルプランナー」など、自分が好きな分野の資格について調べてみてもいいでしょう。

つばめ
つばめ
専門知識を深めることで、自分が目指したいキャリアや働き方が見えてくることもあります。

資格取得よりも転職を優先したほうがいい場合

資格取得よりも転職を優先して実績を積んだほうがいい場合もあります。

20代後半女性の転職は未経験職種に挑戦できるチャンスとなります。

先ほども触れたように、資格は目指したいキャリアに自分が足りない知識やスキルを身につけるためのものなので、転職をしてからでも遅くはありません。

サービス業などからキャリアチェンジを考えている人は、転職活動をしてみて自分の目指したいキャリアを考えていきましょう。

転職を考えている20代後半であれば、転職活動を早めに始めていきましょう。

20代でキャリアチェンジすることができれば、30代でさらに自分の専門分野を広げることができます。

異業種からこれからキャリアチェンジしたい場合には、身につけたスキルを職種によってアピール方法を変えていく必要があります。

私自身、異業種への転職を経験した際には自分の実績や経験を洗い出し、企業と関連付けられる強みをすべてアピールしました。

強みやスキルを棚卸しする作業には時間もかかるので、転職エージェントなどのサポートを借りて履歴書や職務経歴書の添削をお願いするとスムーズです。

関連記事:【20代向け】おすすめの転職エージェントを厳選しました

まとめ:この資格を持っていれば絶対有利というものはない

この資格を持っていれば絶対有利というものはありません。

大事なのは、自分のキャリアに資格が繋がっているかどうかです。

昔は、「この資格があれば安泰」というような考え方がありましたが、時代とともに必要とされるスキルが読めなくなってきています。

これからの時代はAIなどの発展もあり、転職に有利な資格や手に職という言葉もあまり使われなくなってきます。

将来への安定を求めて資格の取得や仕事を選びたくなってしまいますが、公務員でさえ、何年後かには人員削減があるかもしれない時代に突入します。

働きやすいことで人気だった事務の仕事も、AIの発展で今後長く安定して働き続けることは難しくなることもあるでしょう。

そういった時代を生き抜くためには、自分が好きなことで専門知識やスキルを高めて、働き方を自ら作っていくことが必要となります。

女性は、結婚や出産などのライフイベントなどでキャリアが一時的に空いてしまう期間もあります。

自分が将来叶えたいライフスタイルを想像して、身につけたいスキルや経験を積んで30代、40代のキャリアを切り開くことができるのが20代です。

つばめ
つばめ
資格の取得は、自分のスキルをアピールする一つの手段にすぎません。

転職をする目的で資格取得をするだけではなく、叶えたい働き方を考えた上で活かしていきましょう。

ABOUT ME
つばめ
つばめ
25歳でキャリアコンサルト国家資格を取得。飲食店、販売職、塾講師、ベルガール、グランドスタッフ、コールセンターなどの職種を経験。現在はブロガーとして月間1万PVの当メディアを運営。高校から大学まで英語を専攻し、カナダ留学の経験あり。女性の自由な生き方を発信している。 詳しくはプロフィールにて。