仕事の悩み

【転職活動の期間】20代・30代の平均!退職後の転職は期間が長引きやすい?

転職期間はあてにならない?やり方が大事

これから転職活動を始めるにしてもどのくらいの時間がかかるか目安がわからなければ動きづらいですよね。

働きながら転職先を探すにしても大きく分けて2つあります。

  1. 在職中に探す
  2. 退職後に探す

働きながらだと時間がかかってしまう心配と、退職後だとお金がなくなっていく心配があると思います。

どちらの方法で転職したほうがいいのでしょうか?

在職中に転職活動をするほうです。

なぜなら、在職中でも短期期間で転職することができるからです。

一般的に、在職中のほうが転職活動の期間は長くなりやすいし、退職後のほうが期間が短くなりやすいですが、かえって時間が余ってしまいます。

理由としては、退職後だからと言って応募したい企業が少なかったら、転職活動が進まないからです。

大切なのは、自分がやりたい仕事が明確にしておくことです。

この記事を読めば、在職中に短期間で転職活動をするポイントがわかりますよ。

効率のいい転職活動をを目指せるきっかにしていきましょう。

【20代・30代】転職活動の期間の平均

リクナビNEXTによると、転職活動の平均は3ヶ月〜6ヶ月間です。

この平均値は、在職中に転職活動をしたか、退職後に転職活動をしたかによっても変わってきます。

次の項目で状況別の転職活動の目安について具体き的に見ていきましょう。


在職中と退職後の転職活動の期間の目安

ここでは、在職中の転職活動と退職後の転職活動の期間の目安について紹介していきます。

在職中の転職活動の期間

在職中の転職活動の期間は、2週間〜1ヶ月という短い人もいますし、やはり平均の3ヶ月間ほどかかる人もいます。

中には3ヶ月ほど転職活動をして、うまくいかずにやめてしまうという人も周りにはいました。

在職中転職は活動は、特に期間を決めないと成功しづらいという人も多いです。

なぜなら、働いて限りお金には困らないので、いい求人が見つからなかったり、いい求人があっても思うように内定が取れないことで諦めてしまうことがあるからです。

そう考えると「退職後に転職活動をしたほうがいいのか?」と思いますよね。

退職後に転職活動をすれば、実際に短期間で転職できるのでしょうか?

退職後の転職活動の期間

退職後でも人によって転職活動の期間がバラバラです。

具体的には1ヶ月、3ヶ月、半年、1年かかっている人がいるからです。

退職後に転職活動をすれば、短期間で終えることができると考えてしまいますが、結果は人によって異なることがわかってきました。

なぜ時間があるにも関わらず、転職期間が短い人もいれば長くなる人もいるのか不思議ですよね。

次の項目で具体的に見ていきましょう。

退職後の転職活動のほうが短いと思いがち

退職後の転職活動は仕事をしていない分、使える時間があるので転職活動の期間が短くなると考えがちですがそうではありません。

時間があっても長引いてしまうことがあります。

なぜ退職後でも転職期間が長くなるのかというと、やりたいことが定まっていないため動きたくても動けないからです。

やりたいことが定まっていないと、自己分析したり、やってみたい仕事の業界や職種について調べる時間がかかります。

その結果、必ずしも選考に直結するような転職活動ができないまま時間だけが経ってしまうのです。

しかし、通常自分のやりたいことは在職中でもできますし、1社や2社くらいなら週に1回面接を受けることもできるでしょう。

退職してからの転職活動ではやりたいことが決まっている場合なら、企業との面接に時間を使うことができます。

しかし、逆に受けたい企業がなければ時間だけ過ぎていってしまうのです。

中には半年〜1年かかってしまう人もいます。

「自分のやりたいことがわからない」「応募しても書類選考や面接で落ちてしまう」という人が多く、根本的な問題として自分のやりたい仕事がはっきりしていないことがわかります。

仕事を辞めたあとのブランクがあると、転職活動にも響きますし、なによりもお金が減っていく不安がつきまとってしまうでしょう。

そして焦りで内定を取った会社に入社した結果、自分に合わない仕事や環境で後悔してしまう人も少なくないのです。

やはり在職中の転職活動を選ぶべきでしょう。

しかし、「在職中の転職活動は時間がかかってしまうのではないか」と心配になると思います。

在職中にもピンポイントで自分が気に入った求人に応募することができれば、2週間〜1ヶ月で内定を得ることができます。

私の周りにも2週間で転職活動を終えた人も実際にいますし、仕事にも福利厚生にも不満なく8年間も働き続けています。

在職中でも短期間での転職活動に成功している人の特徴は、どんな感じなのでしょうか?

次の項目で具体的に見ていきましょう。

在職中の転職活動に成功するためのポイント

在職中の転職活動に成功させるポイントを紹介していきます。

リクナビNEXTで求人検索&スカウトメールを活用する

在職中の転職活動を2週間〜1ヶ月で成功している人の特徴は、転職サイトに登録して受けたい企業を見定めていることです。

私の友人には、リクナビNEXTにある企業からのスカウトメールをきっかけに企業に入社している人がいます。

  1. 転職サイトに登録
  2. 空いた時間に求人検索してみる
  3. 希望する求人がスカウトメールがくるまで待つ

この3点をしておけば、在職中の転職活動を短くできます。

転職サイトに登録しなければ何も始まりませんし、仕事の合間に希望する仕事を探すことで自分がやりたいことを定めることができます。

そして、企業からスカウトメールを待っていれば自分の強みを発揮できる仕事にも出会うことができます。

スカウトメールとは、職務経歴書や自己PRを見て企業があなたに「うちの会社で活躍しませんか?」とオファーしてくれる機能です。

書類選考なしで面接に進める場合もあるので、志望度が高い求人と出会えれば効率よく短期間での転職も叶うことができます。

日頃から求人を検索したり、スカウトメールをチェックする必要はありますが、在職中でも合間をみて動くことができれば、面接などの転職活動の期間は2週間〜1ヶ月ほどですみます。

大事なのは、自分が受けたいと思う求人をピンポイントで探して応募し、面接を受けることです。

そのポイントを押さえておけば、退職後に転職活動を始めるよりもリスクも少なく、さらに短期間での転職を実現することができるでしょう。

【公式サイト】リクナビNEXT

リクルートエージェントで面接対策を受ける

実際に面接に進んだら、どう面接対策をすればいいのかわからないと思ってしまう人も多いです。

志望度が高い企業の面接をうまく突破したいと思うからこそ、対策の方法を考えておく必要があります。

面接を攻略して自分に合った企業かどうかを見極めるためにも、転職エージェントに力を借りましょう。

求人検索で気に入った求人は転職エージェントを経由して受けることがおすすめです。

なぜかというと、転職エージェントでは過去に企業を受けた人からの情報を持っているため、面接対策がしっかりできるからです。

具体的には以下が挙げられます。

  • 過去に質問された内容と答え方のコツ
  • 何をアピールしたらいいか
  • 全体的に気をつけたほうがいいこと

特にリクルートエージェントは、業界トップで多く転職支援をしてきた実績があるので、質の高い情報を得ることができるでしょう。

私も利用しましたが、在職中でも面接対策がしやすかったです。

登録するとリクナビNEXTには掲載されていない非公開求人を紹介してくれるので、受ける企業の選択肢を増やせるのもメリットになります。

まとめ:【短期間での転職活動】在職中が圧倒的に成功する!

転職活動の平均期間は、3ヶ月です。

退職後に転職活動をしたほうが早いという意見もありますが、在職中と退職後の転職活動でかかる期間はさほど変わりません。

なぜなら、時間があるからといって受けたい企業がなければ待たなければいけないからです。

また、どんな仕事や企業を求めるかが定まっていないと、退職後でも転職活動が長引いてしまいがちです。

退職してお金がなくなるリスクを考えると、在職中の転職活動を選ぶべきでしょう。

在職中の転職を成功させるポイントは、転職サイトでの求人検索はもちろん、スカウトメールをチェックすることが大切です。

スカウトメールで自分が希望する求人があれば、応募して早期に転職先を決めることも夢ではありません。

在職中でリスクなく、効率的な転職活動を始めましょう!

【公式サイト】リクナビNEXT

【公式サイト】リクルートエージェント

ABOUT ME
つばめ
つばめ
25歳で国家資格キャリアコンサルトを取得。飲食店、販売職、塾講師、ベルガール、グランドスタッフ、コールセンターなどの職種を経験。現在はブロガーとして月間4.2万PVの当メディアを運営。高校から大学まで英語を専攻し、カナダ留学の経験あり。女性の自由な働き方や生き方を発信している。最近は料理にも目覚め、料理検定3級・2級を取得。詳しくはプロフィールにて。
おすすめの転職エージェント
リクルートエージェント
実績豊富なキャリアアドバイザーが、あなたの転職を最後までサポートしてくれます。提出書類の添削、面接対策、業界や企業情報の提供において間違いない転職エージェントです。
おすすめ度
おすすめのポイント独自に分析した業界や企業事情の提供が面接で役立つ
特徴転職支援実績No.1
つばめ
つばめ
面接で聞かれる質問を事前に提供してくれるので、面接の対策がしやすかったです。短期間で転職先を決めたい人は登録しておきたい転職エージェントです!

公式ページ詳細ページ

dodaエージェントサービス
転職サイトはdoda
dodaエージェントサービスは、転職者が持つ強みをしっかり企業にアピールできるようサポートしてくれます。履歴書・職務経歴書の作成時や面接で本来の自分をなかなかアピールできないと感じている人におすすめの転職エージェントです。
おすすめ度
おすすめのポイント転職者の強みや人柄を企業にアピールできる支援が手厚い
特徴転職者満足度No.1の実績
つばめ
つばめ
自分PRや志望動機の言語化が苦手に感じているなら、dodaエージェントで対策を行なっていきましょう!

公式ページ詳細ページ

マイナビジョブ20’s
マイナビジョブ20’sの強みは、適性診断をもとにしたキャリアカウンセリングが行えるところです。
転職者はこれまで自分でも気づかなかった隠れた強みを知ることができ、どのような仕事が合うのかを客観的に知ることができます。
おすすめ度
おすすめのポイント適性検査で自分に向いている仕事に出会える
特徴20代専門の転職エージェント
つばめ
つばめ
転職したいけど「やりたいことがわからない」と感じている20代におすすめです!

公式ページ詳細ページ