転職と退職

【転職後すぐに退職したい】仕事がうまくいかない、環境が合わないときの対処法

転職後すぐに退職したい時の対処法

転職をしてから思っていた理想と異なり、様々な理由ですぐに退職を考えてしまうこともあります。

「上司や会社の雰囲気が合わない」

「スキル不足で仕事ができない」

時には仕事のミスばかり起きて、仕事についていけない自分に焦りを感じてしまうこともあると思います。

まだ仕事に馴染めない状況で、周りに誰も頼れる人がいないと孤独に感じてしまう時期です。

このような状況があると、もっと続けたいと思う気持ちはあっても精神的なストレスがたまって仕事が苦痛になってしまうこともあります。

本記事では、入社前に思い描いていた会社や仕事とのギャップに苦しみ、辞めたいと思ってしまった時のすぐに仕事で実践できる対応方法を紹介していきます。

転職後、すぐに退職を考える人の理由

まずは、一般的にも多い理由を見ていきましょう。

ミスばかりで仕事がうまくいかない

「仕事で覚えることが多くて、わかっていてもうまくいかなくてミスが出てしまう」

ということはないですか?

入社後は覚えることもたくさんあるので、出社するたびに新しいことを覚えなくてはいけません。

「この前ミスしてしまったことは次に気をつけないといけない」

というプレッシャーもあるでしょうし、慣れるまでは休日でも仕事のことが気になってソワソワしてしまうことも考えられます。

スキル不足を感じる

転職後の会社に求められるスキルが高く、自分の今の能力と比較するとかなりギャップがある場合もあります。

特に異業種からの転職だと、今まで経験がなかったパソコンスキルやビジネスマナーなど、通常業務に加えて基本スキルから身につけなければいけない状態に自分のスキル不足を感じてしまうことがあります。

忙しい職場だと、周りにも頼れない状態で仕事で困ることも多く、経験がある職種に戻りたいと思う人も少なくありません。

上司や教育担当の人と合わない

会社に慣れるまでは、唯一心を許せたり頼れるのが、最初の教育担当、あるいは直属の上司です。

困った時に相談できる人が合わないことや、むしろストレスに繋がるような場合には仕事に行きたくないと感じてしまいます。

会社の雰囲気に馴染めない

「仕事も慣れない、職場環境にも馴染めない」

このような状況はとても苦痛です。

職場の人とのテンションが合わないことで疲れてしまうこともあるでしょう。

一人でも話せる人がいたり、気が合う人がいれば楽になれるのですが、自分だけアウェーな状態が続くときついです。

仕事に慣れるだけでも大変なのに、さらにそういった馴染めない空気や雰囲気で1日を過ごすのは、精神的にもしんどいと感じるようになります。

希望の職種や条件が叶っていない

面接時に希望していた仕事をやらせてくれない、希望した部署に入れないという場合もあります。

契約を交わしたはずなのに、実際入ってみたら違ったというのは納得がいかないですよね。

特に多いのが土日祝日休みを希望して入ったら、店舗配属になり今まで変わらず平日休みになるケースです。

雇用形態についても同じで、正社員採用の予定だったにも関わらず契約社員としての採用になっていたなんてこともあります。

入社前に確認をしてから入ったのであれば、そこでやり取りをした人に直接確認をしてみることが必要です。

転職後、仕事に慣れるまでにできること

転職後は、初めてのことばかりで覚えることも多く大変です。

時には、仕事ができないことで「この会社に見合った能力がない」と思い、自信を失ってしまうこともあるでしょうし、早く周りに追いつかないといけないプレッシャーで常にストレスを感じているかもしれません。

しかし、転職後に自分の能力に不安を感じるのはあなただけではありません。

私自身も、異業種にキャリアチェンジした時は同じように感じていました。

転職後の不安は、長いスパンで自分の成長を捉えることで余裕を持って取り組むことが大切です。

仕事ができるようになるまでは少しずつでいい

「ミスをしてはいけない」

「一度覚えたことはできるようにならないと」

このように思って早く仕事に慣れようとしている人こそ、うまくいかないときに自分を追い詰めてしまいます。

転職後、仕事に慣れるまでは半年〜1年くらいのスパンで考えてみましょう。

もちろん、その間の目標は上司や教育担当と話し合ってできることを増やしていくことが大切です。

ですが、すぐに慣れないといけないというプレッシャーでストレスをためないように気をつけましょう。

関連記事:【転職後 3 ヶ月、半年】不安やストレスは目標設定で解消できる!

必要なスキルは経験で解決できる

未経験職種の場合は、通常業務以外のスキルがないことで仕事でも大きなハンデを背負ってしまいます。

スキルを習得するためには、現場での経験が大事ですが、どうしたら一番効果的にスキルが身につくかを考えて週末を利用してスキルアップをすることも一つの方法です。

パソコンスキルなら、タイピングの練習をするということも考えられます。

出社した朝に、毎日5分行うだけでもスキルの習得に繋がります。

自分の意見がある場合は、しっかり伝える

転職後、職場に馴染むまではどうしても周りに意見に合わせてしまって、自分が思っていることを表現できないこともあります。

自分の意見を我慢しすぎてしまうと、いつかストレスが爆発してしまいます。

職場のやり方に合わせることは大事ですが、自分の中で疑問点や他の方法のほうがいいと思うなら、上司に提案してみることも一つです。

会社の社風にもよりますが、新しい人の意見が参考になると受け取ってくれる場所もあるので、意見を言わないことが正しいわけではありません。

他の場所で仕事の経験を踏んでいるのであれば方法が違うのは当然ですし、提案という形であれば、上司もあなたの意見として取り入れてくれるかもしれません。

転職後、環境や仕事が合わないことが辛い場合

転職して実際に仕事を始めてみたら、「自分が思っていたような会社じゃなかった」と思ったり、「職場の雰囲気がどうしても合わない」と感じることもあります。

転職活動で見えなかったところが実際に入ってみて肌で感じて、マイナスに出てしまうことも多いです。

ここで紹介するようなケースの場合は、次の転職で自分のキャリアに繋げていきましょう。

仕事内容がどうしても合わないとき

キャリアチェンジしてみたら、あまりにも自分に合っていなかったという場合があるかもしれません。

これは自分のイメージと実際が異なることで、仕事が合わないと感じている状態です。

しかし、必ずしも理想と違っても自分に合わないかというとそうではありません。

イメージと違っていても、今までの経験を職種に少しでも活かせないか?という観点から仕事を続けてみると意外とうまくいく場合もあります。

自分が今の職種に就いた目的を思い出し、キャリアプランに沿って慣れるまでは踏ん張ったほうがいいのか、それともキリをつけて以前の職種に戻ったほうがいいのかを慎重に考えてみましょう。

関連記事:仕事内容が合わない。ストレスで辞めたいと思った時の判断方法

職場環境が悪いとき

自分から挨拶しているのに返してもらえない、周りからの嫌がらせを受けているなどの理由で環境が自分に合わないと感じることもあるでしょう。

コミュニケーションをとる以前に、職場の人の性格や会社の体質を疑うのであれば、転職を考えてみることも一つです。

人間関係や環境は、自分でコントロールができません。

無理に職場にいて孤立してしまうくらいなら、新しい環境で自分のキャリアを築いたほうがいいです。

新人の頃は仕事を覚えるだけでも大変にも関わらず、さらに会社にいるのもしんどいと、ストレスもたまり精神的も追い詰められてしまいます。

自分に合う環境を考える際は、仕事内容や条件だけではなく、会社の社風や人間関係についても今後は注意深く見ておくことが大切です。

関連記事:職場の人間関係に疲れた!ストレスで辛いなら逃げてもいい!

働く条件が希望通りではないとき

働く条件が希望通りにならなかったことで、自分が思い描いていたキャリアに繋がっていないということがあります。

先ほど触れたように、内定をもらった時の契約の取り交わしが、どういった条件だったのかを再度確認することが必要です。

求人票の内容がそのまま労働契約の内容になるとは限りません。

なぜなら会社では労働条件を紙面で明記する必要があり、「労働条件通知書」や「雇用契約書」というものが別にあるからです。

この書面がない場合は、基本的には求人票の労働条件が雇用契約内容となります。

ですが、書面がある場合は、そこで明記されている労働条件が自分の雇用契約になる場合もあります。

そのため、採用された時点で求人票にある雇用形態で入社できると思ってしまうと、実際の労働条件でと異なる場合が発生します。

もし会社に確認しても希望通りのキャリアが描けない場合には、転職を決め、今後は入社前に労働条件をしっかり確認することが必要です。

転職後にすぐに転職したいと思ったときの対処法

  • 仕事内容がどうしても合わない
  • 職場の社風や人間関係が合わない
  • 労働条件や働き方が合わない

こういった理由で転職後に仕事を辞めたいと感じる場合、早期の転職になってしまうことはやむを得ません。

次の転職では、入社後のギャップをなくすために、慎重に転職先を決める準備を始めていきましょう。

自分が「いいな」と思った求人に対して、ここで紹介したような観点から詳しく仕事をみていくことが大切です。

仕事内容を選ぶ上での注意点

仕事を決める際、イメージで仕事を決めると実際の働き方とのギャップが生まれてしまいます。

まずは自分ができることや強みを知ることで、苦手な仕事と得意な仕事の区別をつけることから始めていきましょう。

仕事を探す前の段階として、自分に持っている武器を知ることができていれば、自分に向いているかどうかの判断もしやすくなります。

グッドポイント診断を使って、まずは自分の能力や性格を知ることから始めてみましょう。

すでに受けたことがあるという人は、自分の強みをさらに詳しく知れて、適職を探すのに役立つストレングスファインダーの診断もおすすめです。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 〈ストレングス・ファインダー2.0〉 ストレングス・ファインダー2.0 [ トム・ラス ]
created by Rinker

つばめ
つばめ
下記の記事で詳しく紹介しているので、参考にしてみてください。

関連記事:ストレングスファインダーとは?【効果と受けてみた感想】

ギャップを埋めるために転職エージェントを利用する

自分が目指したい職業や業界が見つかっても、実際に仕事を始めてみないとわからないことも多いです。

そういった不安を抱えているのはみんな一緒です。

転職エージェントでは、そういった不安を解消することができるサービスとしても活用することができます。

転職エージェントは、掲載している求人について詳しい知識を常に追っているので、業界や職種に必要なスキル、実際に働くことでの今後のキャリアの築き方についても相談することで参考になるでしょう。

また、決め手となる職場の雰囲気や社風についても詳しく確認することが可能です。

労働条件に関しては、個人と企業と直接やり取りをすると、労働者がどうしても弱い立場になってしまいがちですが、入社前の労働条件における不安を転職エージェントを通じて確認してもらうことで入社後の不安を解消できます。

個人で確認できる情報は限りがあるので、自分に合う転職先を決めるために転職エージェントをうまく活用していきましょう。

関連記事:【20代向け】おすすめの転職エージェントを厳選しました

まとめ:転職後に仕事を辞めたいと思ったら原因を確認しよう

転職後に仕事を辞めたい、すぐに退職したいと思うとき、原因が自分のスキルや仕事がうまくいかないことなのか、それとも職場の環境に問題があるのかを考えてみましょう。

転職後は、どうしても慣れるまでに時間がかかるため、自分のスキル不足や仕事でのミスに悩んでしまうケースが多いです。

その際、すぐに結果を出すことにこだわりすぎずに、3ヶ月、半年という少し長いスパンで目標を決めると気持ちが楽になります。

どう努力しても仕事に拒否反応が出てしまう、合わない環境が辛すぎると感じるなら、新しいキャリアを築く準備を始めていきましょう。

焦って転職先を決めてしまうことがないように、まずは転職エージェントなどのサービスを利用して手順を踏んでいくことが大切です。

ABOUT ME
つばめ
つばめ
25歳でキャリアコンサルト国家資格を取得。飲食店、販売職、塾講師、ベルガール、グランドスタッフ、コールセンターなどの職種を経験。現在はブロガーとして月間1万PVの当メディアを運営。高校から大学まで英語を専攻し、カナダ留学の経験あり。女性の自由な生き方を発信している。 詳しくはプロフィールにて。