接客・販売

【アパレル】毎月のノルマ達成がきつい!将来の不安を解決する方法

アパレルきつい理由は5つ

ノルマって達成した時は嬉しいけど、得られる達成感はその瞬間だけ。

店長やマネージャーからの感謝の言葉と同時に、「また来月もよろしくな」という言葉。

「また、来月から予算達成きついな」

このように感じることもあるかもしれません。

私はアパレル販売員として約4年間働いていましたが、毎月の予算達成に疲れてしまうことがありました。

このまま働き続けても給料が上がらない不安や女性であれば、結婚後の働き方が不安になる人も多いはずです。

最後には私は販売員を辞めましたが、当時は、たとえ将来が不安でも、「正社員」という立場を捨てて転職することはすごく勇気がいることでした。

しかしその1歩を踏み出したからこそ、他のスキルを習得して自由に働くことを選べたと確信しています。

この記事ではその時の私の経験談を基に、将来の不安を解決する方法を紹介していきます。

アパレルは毎月のノルマ(個人売り上げ)の達成がきつい

つらいノルマを達成しても、会社からは毎月その対価として給料が発生するだけです。

アパレル販売員時代に感じていたのは、いくら仕事は生活のためといっても、ちょっと褒められて終わりって「なんか虚しいな」と。

このままやりがいも感じられずに、ノルマに追われて給料のためだけに働く。。

ノルマ達成が必要とされるお店や会社のために頑張っても、『売り上げ』という数字でしか評価されないのって悲しいなといつも感じていました。

働くやりがいを感じにくいのは、自分の頑張りを認めてもらえないからです。

他にも才能があるかもしれないのに、その才能は評価されずに数字しか見てもらえない。

数字でしか評価や感謝がされない仕事ほど、つらいものはありません。

仕事へのモチベーションが上がらないのはあなたのせいではないのです。

自分の強みを活かして社会に貢献できることや必要とされる場所で働けたら、もっと仕事に充実感ややりがいを持てるはずです。

アパレル販売員が将来への不安を感じる理由

仕事を続けることへの不安、将来的な生活への不安などを抱えていませんか?

ここではノルマ以外でも、アパレル販売員を続ける上での不安要素4つを紹介していきます。

給料アップが期待できない

大手の会社ではない限り、アパレルで給料が増えることは期待できません。

店長やマネージャー職になれば給料アップが狙えますが、そこからも昇進しない限りは給料は増えにくいのが現状です。

業界的にも競合他社が多いため、アパレルで給料を上げるには会社でトップの売り上げに匹敵するくらいでないと会社はそれだけの対価は支払ってくれないでしょう。

私自身、お店で売り上げ1位を取っていましたが、その年は会社全体の業績が悪かったため、ボーナスは前年度よりも下がったという悔しい思いをしました。

自分がどれほど売り上げを出しても、1人の力でしかなくて自分の給料は会社の業績に左右されてしまいます。

ならば毎年の昇級を狙ってこのままノルマを着々と達成しようと思っても、月『何千円』という昇給に留まるだけだったんです。

ボーナスは会社の売り上げに左右されるため固定化されないどころか、店長クラスでもボーナスが数千円単位である現実を見てきました。

それに対して、任されるノルマのプレッシャーとたまにあるお客様からのクレームは大変なものがありました。

品出しや返品の時には、体力もいります。

労働時間も長く残業も発生しやすいため、生産性が確保されにくい仕事だと言えます。

お客様に感謝されることでのやりがいもありましたが、対価としての給料はとても大事です。

もっと評価されたいなら他の業界にいくべきだなと感じました。

関連記事:アパレルショップ店員の給料の平均は?【キャリアステップの方法】

30代、40代のキャリアアップが限られる

店長やそれ以上の役職を目指せるのであれば、今後キャリアアップが望めるでしょう。

しかし、「店長になりたくない」「この会社で2年後に自分が成長できる姿が見えない」という場合には、早めに転職を考えるべきだと思います。

売り上げがいい優秀な社員の人が何人もいたのですが(店長は大変そうだからなりたくないという理由で)、店長を目指さないという人は『給料が安い』という理由で男性も転職をしている人が多くいました。

このまま目的もなく社員としてダラダラ働き続けても、キャリアアップが望めずに転職にもどんどん不利になっていきます。

主任や店長クラスの経験があれば30代でも転職は遅くはありません。

しかし20代のうちに今後のキャリアを考えて転職しておいたほうが、チャンスをつかめる可能性は高いです。

関連記事:アパレルを辞めたい人は決断しよう!私が正社員でも辞めた8つの理由

休みが少ないことで幸せがつかめない

20代は、仕事に悩みながらも今後の将来について漠然と不安を感じやすい時期です。

サービス業を続けていると休日が忙しくて周りとも予定が合わず、自分のプライベートをあまり充実できていないという人が多くいます。

結婚をしたいと思っていても出会いの機会が少ない、同じ職場の人も既婚者が多かったり、独身の人はあまり期待できないという状況。

特に女性の場合には、25〜29歳の間に婚期を逃すと30代から焦ってしまうという人も多いです。

私自身、ライフイベントから取り残されてしまうことで将来に不安を感じ始めた1人でした。

もし本気で結婚を考えているなら、進んで出会いを求めるかプライベートの時間を確保できる仕事に転職するかどちらかを実行しないと時間だけがすぎていき、幸せはつかめません。

関連記事:接客業休みが少ない!もっと休みがほしいなら20代のうちに転職すべき

住む場所も時間も制限される

アパレル販売員は当たり前ですが、会社のお店があって働ける仕事です。

その特徴により、場所に縛られる働き方がデメリットとなります。

また、勤務時間・拘束時間も他の職種に比べて長く、暇なときでも営業時間までいないといけません。

お店が暇なときでも閉店までたちっぱなしで疲れます。

お店が忙しいセール時期などは残業が発生するし、日中に接客をしていて間に合わなかった品出しや業務は、お店が閉まってからやならければいかないなんてことも多いのではないでしょうか?

今では、リーモートワークを取り入れている会社もあるので、今後仕事が在宅できる業界も増えてくるでしょう。

しかしながら、アパレル販売員の場合には在宅勤務は無理です。

アパレル経験を活かして他に手に職をつけてしまえば、自分が働きやすい環境を選べる幅もグンと上がってきます。

同じ8時間労働でも、「お客様から見られていない」スペースで仕事ができる快適さを手に入るんです。

アパレル販売員という仕事で縛られている限り、時間も場所も自由に選べません。

アパレル販売員を続けるのがきついなら転職しよう

将来への漠然とした不安がありながら、ただ仕事を続けているだけでは何も変わりません。

近い将来、サービス業自体はAIに仕事を取られてしまう未来も待っているのです。

そうなる前に、自ら将来のために転職を考えましょう。

アパレルから転職を経験した筆者の経験も含まれているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

アパレル販売員から転職は厳しいわけではない

アパレル販売員で培ったスキルや経験はどんな仕事でも活かすことができます。

なぜなら、人とのコミュニケーションがどの仕事でも発生するから。

たとえば、アパレル販売員で培えるスキルは下の通りです。

  • ノルマを達成した時に工夫していたこと
  • お客様に販売する上での大事にしていたコミュニケーションや動作
  • 身につけた商品知識を利用して提案する力

あなたが考えて行動してきた経験を振り返れば、誇りを持てることは必ずあります。

それらのスキルを活かして新しいキャリアを築けるかどうかは、あなたの行動次第です。

アパレルの将来が不安なら、自らスキルを身につけていければいいのではないでしょうか。

このままノルマに苦しめられて会社で働く意義が見出せないなら、自分のキャリアを磨いて会社に依存しないだけの力を伸ばしていけばいいのです。

そのために自分のスキルを活かして転職活動を進めていきましょう。

次の項では具体的な転職の方法を紹介します。

転職エージェントをうまく利用しよう

自分には発揮できるようなスキルはまだついていないはず…そう思っている人も、諦めないでください。

キャリアアップを目指したいけど方向性がわからない、自分にスキルがあるか不安、それでも転職をしたいという人をサポートしてくれるサービスがあります。

自分の将来のために真剣に現状を変えたいという人は、利用すれば1歩を踏み出すことができますよ。

サービスを利用することで解決できることは、下の通りです。

  • 転職しようかどうかをまずは相談できる
  • 自分のスキルや経験が棚卸しできる
  • 今後のキャリアの方向性を面談で相談ができる
  • 職務経歴書や履歴書を直接アドバイスがもらえる
  • 求人をエージェント経由で応募することで、担当者があなたを企業にプッシュしてくれる(推薦状を書いてくれる)
  • 面接対策や内定後の給料交渉までの転職全体のサポートを行ってくれる

転職活動のコツは、自分1人で全部情報を集めようとしないことです。

ネットで自分だけで調べようとすると、どの情報が正しいのかわからなくなって、転職への不安だけが高まり前に進めないからです。

転職のプロから直接情報を得たり、相談してみることで悩みや不安を解決していくことができます。

私がカウンセリングで話を聞いてもらえたのが、リクルートエージェントでした。

丁寧なカウンセリングとアドバイスで、信頼して転職活動を進めることができますよ。

実際に転職活動をしてみて、悩みや不安は個別で聞いたほうが解決しやすいと感じました。

「今の現状をなんとか変えたい」「将来のことを考えて1歩を踏み出したい」という人は、まずは登録してみてください。

さいごに

もうこれ以上、場所や時間にとらわれない働き方がしたいなら、自分が自信を持てるスキルを磨いていくしかありません。

今、ノルマに苦しめられながらアパレル販売員を続けるか、それとも新しいキャリアを築いていくかで、30代、40代の人生で差が出てきます。

会社に頼らない働き方ができるようになれば、生活を選べる自由が増え、将来の安定や希望を手に入れることができるのです。

やるかどうかはあなた次第ですが、待っているだけでは現状や未来を変えることはできません。

真剣に悩んでいるなら、今すぐ行動に移して将来の幸せをつかみにいきましょう!

ABOUT ME
つばめ
つばめ
25歳でキャリアコンサルト国家資格を取得。飲食店、販売職、塾講師、ベルガール、グランドスタッフ、コールセンターなどの職種を経験。現在はブロガーとして月間1万PVの当メディアを運営。高校から大学まで英語を専攻し、カナダ留学の経験あり。女性の自由な生き方を発信している。 詳しくはプロフィールにて。