仕事の悩み

残業が少ない会社を選ぶと後悔する?本当にやりたい仕事か考えてみて

福利厚生を重視して仕事を選ぶのは危険

今の会社の働きやすさに不満があると、できれば残業がない職場や仕事を探したいと思うのではないでしょうか?

実際に入社してみると、確かにプライベートと両立はできるものの、仕事内容が合わずに仕事を辞めたいと感じてしまったり、求人票には「残業が少ない」と書いてあったのに、実際は違ったというケースも少なくありません。

ここでは、残業が少ない業界や会社で転職先を選んだ結果、自分が思うような働き方ができずに後悔してしまうケースを紹介していきたいと思います。

仕事内容が自分に合っていなければ、定時までに仕事が終わらなかったり、やりがいを感じられなくなってしまいます。

転職を決める際は、ただ残業の有無を見るだけではなく、自分が本当にやりたい仕事なのかを考えてみることが大切です。

つばめ
つばめ
この記事を通して、あなたが後悔ない転職ができるきっかけになれば嬉しいです。

残業が少ない会社に転職しても幸せになれない?

求人票に「残業なし」と書かれていても、実際に入社してみたら残業がある会社もあります。

求人票を信じ込んで入社してしまうと、あとで後悔することもケースも少なくありません。

ここでは、求人票に載っている情報を信じすぎてはいけない理由を紹介していきます。

「残業が少ない」表記でも、実際は違うこともある

求人票に書いてある「残業の有無」に関しては、信じ込んでしまうと実際は違ったこともあります。

なぜなら、多くの企業は、あまりネガティブな要素は求人票に書きたくないので、情報を大まかに書いてある企業もあるからです。

月の残業時間は20時間未満だと少ないとされていますが、20時間と書かれていても参考て程度にしておいたほうがいいでしょう。

また、本当に20未満の残業時間で済むかについては、入ってみないとわかりません。

理由は、次に説明していきます。

仕事ができる人目線で「残業なし」と書かれていることがある

求人に「残業がほぼない」「残業が少ない」と書かれていたとしても、情報をそのまま信じてしまうのは危険であるとお伝えしました。

「残業が少ない」から定時で帰れると信じ込んでしまうのが危険な理由が他にもあります。

情報は正しいのに、人によっては残業をしてしまう場合です。

従業員皆が共通して残業をしていないかというとそうではない場合があり、残業しなくても帰れるかどうかは、個人の力量によって異なる場合があるからです。

仕事が自分に合わないと、残業をしなければ仕事が終わらないことがあるため、スキルを身につければ残業を減らすことができるかもしれませんが、それまでは覚悟が必要になってくるかもしれません。


残業が少ない職種への転職は、仕事内容が自分に合っているか見極める

残業が少ないことばかりに気を取られてしまうと、肝心な仕事内容をしっかり確認していなかったことで、転職に後悔をしてしまう危険性もあります。

転職後、すぐに退職まで追い込まれるまでではなくとも仕事内容の不一致が理由でストレスがたまり、プライベートとの両立どころではなくなってしまう場合があるので注意が必要です。

ここでは、自分に合った仕事で残業をしない職種や会社の見つけ方を紹介していきます。

残業が少ないかより、やりたい仕事で考えてみる

「残業が少ないか」だけを見て転職先を選ぶのではなく、仕事内容や企業理念、あなたのキャリアプランを考えた上で選択するようにしましょう。

どんなに定時で帰れる仕事だとしても、仕事内容に充実感を感じられなかったり、苦手な仕事ばかりだと毎日の出勤が苦痛になってしまいます。

つばめ
つばめ
正社員の場合は1日8時間働くことになるので、苦痛な仕事を続けるのはストレスに繋がるだけです。

仕事内容が好きになれなかった場合、どんなに理想な生活スタイルだったとしても楽しむことができなくなってしまうでしょう。

そのため、自分にとって「本当にやりたい仕事なのか?」「挑戦したい仕事なのか?」という視点を持って職種を選ぶようにしましょう。

未経験の場合には業務内容を理解する

接客業から事務職の転職など、未経験の仕事に挑戦する場合には、できるだけ業務内容をイメージできるようにしておくと転職後の働き方にギャップを感じにくいです。

私は販売職からコールセンターに転職した際、「同じお客様対応だし、大丈夫でしょ」という安易な気持ちがあったことで、具体的な業務内容を確認していませんでした。

そのためパソコンスキルやメール対応でとても苦労し、覚悟を持たずに仕事を選んでしまったことを後悔したことがあります。

仕事内容を把握する際のポイントは、その職種の1日の流れを調べてみることです。

企業によってはHPの採用ページに働き方が載っていますし、載っていない場合でもネットで検索することでイメージギャップがないかを確認することができます。

たとえばコールセンターの働き方を知るためには、「コールセンター 仕事内容」と検索してみましょう。

つばめ
つばめ
自分ができそうな仕事か、やりたい仕事なのかを見極めることが大切です。

本当に残業が少ない会社かを見分ける方法

全ての企業ではないですが、求人によっては「残業が少ない」という表記があるにも関わらず、残業が多い場合もあります。

1ヶ月あたりの残業時間は、あくまで平均であることから実際に働いたときとはかけ離れていることもあるのです。

そのため記載内容が本当なのかについては、しっかり事前に確認しておくことが大切です。

とはいっても面接官に直接聞きづらいことでもあるので、大半の人が聞けずに終わってしますことも少なくありません。

1ヶ月あたりの残業時間で多い人はどれくらいなのか知りたいとき、転職エージェントをうまく活用していきましょう。

転職エージェントは、求職者が会社を見極めた上で転職ができるように支援してくれるので、残業について確認してもらうことができます。

つばめ
つばめ
直接企業に聞きずらいことだとしても、転職エージェントで解決できることも!

転職エージェントを利用して転職活動を進めることは最近では一般的になっており、納得いく転職先を決める上で欠かせない存在です。

中でもリクルートエージェントは、業界トップとして優良企業が集まっているので、求人を見逃さないためにも登録しておきたい転職エージェントです。

残業の有無を確認して、自分のライフスタイルに合った企業を選んでいきましょう。

さいごに:求人の「残業が少ない」仕事に騙されて転職しない!

プライベートを重視するために、転職先を選ぶ際は、「残業が少ない」という点だけで職種を選んでしまいがちです。

同じように、福利厚生だけで転職を判断してしまい、「仕事が自分に合っていなかった」と後悔する人も少なくありません。

入社後にライフワークバランスが取れた生活を叶えるためには、仕事内容や社風が自分に合っているかを確認することが必要です。

そのためには、求人票に書いてあることだけで判断するのではなく、情報が正しいかを判断することが大切だといえるでしょう。

働きやすい環境で、かつ、自分が楽しく働ける仕事を選んでいきましょう。

ABOUT ME
つばめ
つばめ
25歳で国家資格キャリアコンサルトを取得。飲食店、販売職、塾講師、ベルガール、グランドスタッフ、コールセンターなどの職種を経験。現在はブロガーとして月間4.2万PVの当メディアを運営。高校から大学まで英語を専攻し、カナダ留学の経験あり。女性の自由な働き方や生き方を発信している。最近は料理にも目覚め、料理検定3級・2級を取得。詳しくはプロフィールにて。
おすすめの転職エージェント
リクルートエージェント
実績豊富なキャリアアドバイザーが、あなたの転職を最後までサポートしてくれます。提出書類の添削、面接対策、業界や企業情報の提供において間違いない転職エージェントです。
おすすめ度
おすすめのポイント独自に分析した業界や企業事情の提供が面接で役立つ
特徴転職支援実績No.1
つばめ
つばめ
面接で聞かれる質問を事前に提供してくれるので、面接の対策がしやすかったです。短期間で転職先を決めたい人は登録しておきたい転職エージェントです!

公式ページ詳細ページ

dodaエージェントサービス
転職サイトはdoda
dodaエージェントサービスは、転職者が持つ強みをしっかり企業にアピールできるようサポートしてくれます。履歴書・職務経歴書の作成時や面接で本来の自分をなかなかアピールできないと感じている人におすすめの転職エージェントです。
おすすめ度
おすすめのポイント転職者の強みや人柄を企業にアピールできる支援が手厚い
特徴転職者満足度No.1の実績
つばめ
つばめ
自分PRや志望動機の言語化が苦手に感じているなら、dodaエージェントで対策を行なっていきましょう!

公式ページ詳細ページ

マイナビジョブ20’s
マイナビジョブ20’sの強みは、適性診断をもとにしたキャリアカウンセリングが行えるところです。
転職者はこれまで自分でも気づかなかった隠れた強みを知ることができ、どのような仕事が合うのかを客観的に知ることができます。
おすすめ度
おすすめのポイント適性検査で自分に向いている仕事に出会える
特徴20代専門の転職エージェント
つばめ
つばめ
転職したいけど「やりたいことがわからない」と感じている20代におすすめです!

公式ページ詳細ページ