調理道具

ストウブ「ブレイザー・ソテーパン24cm 」のレビュー。特徴とサイズ選びのポイント

ストウブ「ブレイザー・ソテーパン24cm 」のレビュー。特徴とサイズ選びのポイント

すっかりストウブの魅力にはまり、「2台目がほしい!」

そう思って選んだのが、ブレイザー・ソテーパンでした。

鍋底が広くて浅目で、「焼いてから煮る」料理が得意なSTAUB鍋

他にも、蒸し料理やすき焼き、パエリアなど、華やかな料理が自宅で作れることに憧れもあり、「料理の幅が広がりそう」という期待から購入を決めました。

魅力的なブレイザー・ソテーパンですが、最初に迷ったのがサイズ選びです。

値段もそこそこするので、せっかく揃えるならサイズ選びには失敗したくないですよね。

この記事では、私が購入前に検討した「サイズ選びのポイント」をまとめました。

実際に購入してからの使い心地についても紹介しています。

ブレイザー・ソテーパンを購入しようか迷っている方にとっても、参考になれば嬉しいです!

ストウブ「ブレイザー・ソテーパン 」サイズ選びのポイント

ストウブのブレイザー・ソテーパン は「24cm」「26cm」「28cm」の3つのサイズがあります。

直径では2cm程しか変わりませんが、容量は大きく変わってくるのでご家庭に合ったサイズを選んでいきましょう!

24cm

24cmは、2〜3人までの分量が作りやすいサイズです。

20cmのストウブを持っている方は、容量はほとんど同じだと考えて大丈夫だそうです。

ピコ ココット ラウンド20cm、Wa-NABE (ワナベ) Lを持っていて、同じ分量をブレイザー・ソテーパンでも使りたい場合は「24cm」がおすすめです。

26cm

26cmは、3~4名分を作るのに便利なサイズです。

鯛めしやパエリア、ステーキやロールキャベツなどの料理が3〜4人の分量で作れます。

4人くらいまでなら、しゃぶしゃぶなどの鍋としても、食卓を囲んで使えるサイズです。

ストウブの公式レシピに載っているローストチキンでは、若鶏1羽を丸々使っていますが、26cmのブレイザーが使われています。

普段のメイン料理に加えて、イベントやおもてなし料理まで幅広く使えるサイズだと思います。

私は2人暮らしなので今回は24cmを選びましたが、「家族が3〜4人だったら26cmがちょうど良そうだな」と感じました。

「24cmだと小さそう、でも28cmでは大きい」という感じる方は、26cmを選ぶと失敗しにくいと思います。

28cm

28cmは4〜5人分の料理に向いています。

「うちは大家族だから1度にたくさん作りたい」という方におすすめです。

28cmを持っている方の中には、家族全員ですき焼きやしゃぶしゃぶを囲んで食べるのに最適なサイズだと言われています。

食べ盛りのお子さんがいるご家庭、ご家族の人数が多い場合には、28cmのブレイザー・ソテーパンが1つあると、鍋代わりにもなって便利なのではないでしょうか。

ただ大きい分、重さもあるので、食卓に運ぶときや洗い物が少し大変というのは覚悟が必要かもしれません。

ブレイザー・ソテーパン 「24cm」を選んだ決め手

ワナベとブレイザーの大きさ比較

私が24cmのブレイザーを選んだ理由は、20cmのワナベと同じ容量で使い分けをしたかったからです。


24cmを使ってみた感想【サイズ感について】

ここでは、実際に24cmを買ってみての使い心地を紹介します。

はっきり言って、「24cmでちょうどよかった!」という感想です。

届いたときは、同じ24cmのフライパンを持っていることもあり

「26cmのほうがよかったかもー!」

と思っていましたが、使っているうちに24cmのメリットを発見。

以下の3つの点で使いやすく、サイズ選びに成功しました。

  • 普段のおかずを作るのにちょうどいい!(大人2人暮らし)
  • 鍋料理にも使える
  • 大きすぎないため、洗いやすい

3つ目の「大きすぎない」というのが1番大事で、扱いが楽だからこそ毎日でも使いたくなります

ストウブは鋳物ホーロー鍋の特徴として、「重い」というデメリットがありますが、持っている20cmのワナベと同じくらいの重さなので、私自身はあまり気になりません。

持っているストウブのサイズの容量に合わせるようにして選んだのは、正解でした。

「ブレイザー・ソテーパン 」24cmで作れるレシピ

ブレイザー・ソテーパンを購入する前は、おもてなし料理を作るイメージがありましたが、実際に使ってみると普段の料理にも使えてすごく便利です。

ここでは、ブレイザー・ソテーパンで実際に作れるおすすめのレシピを紹介しました。

つばめ
つばめ
購入を迷っている方は、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

使っている鍋のサイズは24cmになります。

ローストビーフ

ローストビーフ

ローストビーフは手がかかって大変なイメージがあり、今まで作ったことがありませんでした。

ブレイザーの購入を機に挑戦したところと、とても簡単にできたので今後も作り続けたい料理の1つです。

作り方としては、牛肉の全ての面に焼き目をつけた後、くず野菜などを軽く炒めてその上にお肉を乗せて蓋をします。

お酒を振って、10分ほど蒸し焼きに。

その後、お肉はアルミホイルで包んでから常温に戻します。

食べるときにソースを作って、スライスしたお肉にかけたら完成です。

蒸し焼きの時間はお肉の厚さによって調整が必要ですが、工程自体はとてもシンプル。

24cmでも、ブロック肉2本が楽に入るので、たくさんの量を作ることができ便利です。

つばめ
つばめ
家族のイベントやおもてなし料理におすすめです。

パエリア

パエリア

海鮮パエリアは、ストウブの公式レシピを参考に作りました。

レシピ自体も24cmのブレイザーで紹介されていますが、結構な量で、2人で2日ほどかけて食べました。

3〜4人家族の方でも、1度に食べる量なら24cmでも十分かもしれません。

有頭エビをしっかり焼き付けてから作ると、出汁がきいて美味しいパエリアになります。

鍋料理

韓国鍋こちらもストウブの公式レシピを参考にして作りました。

豚のスペアリブを使ってピリ辛に仕上げた韓国鍋です。

ブレイザー・ソテーパンなら普通の鍋にも便利で、まだ作ったことがありませんが、特にすき焼きにはすごく便利そうなので今度作ってみたいです。

チキンソテー

チキンソテー

「焼いてから煮る」料理が得意と言われるブレイザー・ソテーパンですが、シンプルなソテーにしても美味しく仕上がります。

特に、「チキンソテー」はおすすめです。

24cmの場合、鶏もも肉2枚はギリギリ入らないので注意が必要。

私は1枚半を焼いて、空いているスペースに野菜を加えていただきました。

鶏肉の両面に焼き色をつけてから、野菜を加え、蒸し焼きに。

野菜の旨みが加わって美味しくなります。

つばめ
つばめ
ブレイザー・ソテーパンなら、「焼く」というシンプルな調理法でも旨みを逃さないから美味しいです。

煮込みハンバーグ

煮込みハンバーグ

フライパンで煮込みハンバーグを作ると、「もっと深さのあるフライパンがほしい」といつも思っていたんです。

でもこの悩みは、ブレイザー・ソテーパンを買ってから解消されました。

煮込んでいる写真を撮り忘れてしまったのですが、いつものフライパンだとソースがこぼれてしまいそうなところが、ブレイザー・ソテーパンなら安心。

お肉を焼き付けた後の旨みも逃さないので、ソースもいっそう美味しく仕上がります。

煮物

ブレイザー・ソテーパンは普段の煮物にも使えます。

和食でもお肉に焼き目をつけてから煮る工程なら、ワナベではなくブレイザー・ソテーパンを使っています。

揚げ浸し

まだ試していませんが、ブレイザー・ソテーパンは揚げ物にも便利とのこと。

揚げ浸しを作る際は、なすを揚げた後、軽く油を拭いてからそのまま調味できます。

揚げ焼きなら、ブレイザー・ソテーパンを使って1度に揚げると時短にもなりますね。

フライパンよりも容量が大きいので、作り置きにも良さそうです。

つばめ
つばめ
今後作った料理は、このブログでも紹介させていただく予定です。

ブレイザー・ソテーパン の「焦げつき」を防ぐ方法

ブレイザー・ソテーパンは鍋底が広い形状なので、お肉などを焼き付けてから煮る料理に適しています。

お肉料理はこんがり焼き付けてから煮ると、香ばしさが出て美味しいです。

ただ、ブレイザーを使って焼き付けをした際、最初の2・3回はお肉が焦げ付いてしまい、失敗。

ここでは、そのときに学んだ調理のコツを紹介させていただきます。

シーズニングをする

ストウブのお手入れ方法としては、一般的になっているシーズニング。

特にお肉を焼き付ける際は鍋が焦げ付きやすいので、必ずシーズニングをするようにしています。

油は少し多めに引く

お肉を焼き付ける際、シーズニングをした後も油を追加するようにしています。

鍋底が広い分、油を多めに引くようにしていて、24cmの鍋で大体大さじ2くらいを使用しています。

以前、大さじ1で試してみたところ、焦げ付いてしまいました(火加減が弱かったからかもしれないので、今後も試してみます)。

油が少ないと、焦げ付きの原因になり綺麗に焼き目がつかない原因になるので注意が必要です。

追記

ブレイザー・ソテーパン の場合、鍋底全体に油が浸るくらいがちょうどいいです。

油が少ないと、フライパンのように油がところどころ浮いた状態になりますが、ブレイザー・ソテーパンの場合は鍋底全体を油で覆いかぶせる感じのイメージです。

そのため、レシピを参考にしながら料理を作る際、フライパンや他のSTAUBよりも油を多めに引くように気をつけています。

しっかり鍋を温めても、油の量が少ないと食材がくっついてしまう原因になります。

鍋をしっかり温める

焼き付けでお肉が鍋にくっついてしまった際、最大の原因が鍋が十分に温まっていないことでした。

ハンバーグなど、お肉の表面を焼き付けるするときは、油を引いた鍋を中火でしっかり温めることが大事です。

少し煙が出るくらいまで温めます。

私自身、「そんなに熱して大丈夫なの?」と思いましたが、ストウブの公式レシピでもその方法が紹介されています。

煙が出すぎると鍋が痛む原因になるので、必ず近くで見守ってタイミングよくお肉を入れることが大事です。

さいごに

ストウブ2台目のブレイザー・ソテーパンとして私が選んだサイズは、24cmでした。

決め手は、大きさの目安がすでに持っているワナベLとほぼ同じ容量だということ。

2人暮らしでメイン料理を作るのに最適なサイズだと感じたので、24cmに購入を決めています。

2台目のストウブとして選ぶ方は、今持っているストウブとのサイズと比較した上で、どんな料理に使いたいかで選ぶと失敗しにくいと思います。

私自身、新しい鍋を買おうと迷っていた頃から、今ではすっかりストウブに魅了されてしまいました。

STAUBは値段こそしますが、「一生モノの鍋」と言われているので、早く買って長く使うほうがお得だと感じています。

その中でもブレイザー・ソテーパンは普段の料理にも気軽に使えて、料理の幅が広がるので、購入してよかったです。

ちなみにカラーについてですが、私は最後まで「カンパーニュ」と迷った後、ワナベと同じブラックで揃えました。

ストウブは色のバリエーションも豊富なので、鍋ごとに好きな色を選ぶのも楽しいですよね!

色を統一してもよし、気に入った色で揃えていくのもよし。

ブレイザー・ソテーパンの24cmと28cmのカラーバリエーションは、7色です。

26cmのみ、4色となっています(※共に2020/12/30現在)。

サイズごとのカラーバリエーションは、下のリンクからも確認できるようになっているのでチェックしてみてくださいね!

つばめ
つばめ
この記事が少しでもあなたの「ストウブ選び」の役に立てていたら嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
つばめ
つばめ
25歳で国家資格キャリアコンサルトを取得。飲食店、販売職、塾講師、ベルガール、グランドスタッフ、コールセンターなどの職種を経験。現在はブロガーとして月間4.2万PVの当メディアを運営。高校から大学まで英語を専攻し、カナダ留学の経験あり。女性の自由な働き方や生き方を発信している。最近は料理にも目覚め、料理検定3級・2級を取得。詳しくはプロフィールにて。
おすすめの転職エージェント
リクルートエージェント
実績豊富なキャリアアドバイザーが、あなたの転職を最後までサポートしてくれます。提出書類の添削、面接対策、業界や企業情報の提供において間違いない転職エージェントです。
おすすめ度
おすすめのポイント独自に分析した業界や企業事情の提供が面接で役立つ
特徴転職支援実績No.1
つばめ
つばめ
面接で聞かれる質問を事前に提供してくれるので、面接の対策がしやすかったです。短期間で転職先を決めたい人は登録しておきたい転職エージェントです!

公式ページ詳細ページ

dodaエージェントサービス
転職サイトはdoda
dodaエージェントサービスは、転職者が持つ強みをしっかり企業にアピールできるようサポートしてくれます。履歴書・職務経歴書の作成時や面接で本来の自分をなかなかアピールできないと感じている人におすすめの転職エージェントです。
おすすめ度
おすすめのポイント転職者の強みや人柄を企業にアピールできる支援が手厚い
特徴転職者満足度No.1の実績
つばめ
つばめ
自分PRや志望動機の言語化が苦手に感じているなら、dodaエージェントで対策を行なっていきましょう!

公式ページ詳細ページ

マイナビジョブ20’s
マイナビジョブ20’sの強みは、適性診断をもとにしたキャリアカウンセリングが行えるところです。
転職者はこれまで自分でも気づかなかった隠れた強みを知ることができ、どのような仕事が合うのかを客観的に知ることができます。
おすすめ度
おすすめのポイント適性検査で自分に向いている仕事に出会える
特徴20代専門の転職エージェント
つばめ
つばめ
転職したいけど「やりたいことがわからない」と感じている20代におすすめです!

公式ページ詳細ページ