接客・販売

【仕事のクレームで落ち込む時】立ち直り方とストレス解消法を紹介

仕事のクレームで落ち込む時の対処法

接客業をしていると、クレームは避けられないですよね。

しかし、クレームを受けたことで落ち込んでしまうこともあるでしょう。

そんな時、あなたは自分を責めてしまっていませんか?

自ら自分を追い込んでしまうと、どんどん自信を失い、今までできたことにも自信が持てなくなってしまいます。

1人で不安を抱え込まずに周りに相談したり、仕事が怖くなってしまったのなら環境を変えることも選択肢の1つです。

ここでは、クレームを受けて落ち込んだ時の対処法を紹介していきます。

仕事のクレームで落ち込む時の対処法(心の持ち方)

まずはクレームを受けた後、落ち込んだ気持ちを前向きに捉え直す方法を紹介していきます。

理不尽なクレームもあると割り切ろう

お客様の中には、お店の決まりに納得せず、理不尽なことを言ってくる人もいますよね…

接客業をしていたら一定数は存在します。

あなた以外のスタッフが対応したとしても、クレームが発生すると思っていれば気持ちも楽になりますよ!

会社に対して改善を求めていると考えよう

クレームは、お店に期待を持ってくれているからこそ上がってくるものだと考えましょう。

お客様は、なんらかの期待を持ってサービスを受けたり、商品を購入してくださったことを考えると、そこに誤差が存在したことに気づくことができ今後の改善に繋がります。

注意してくれれば改善する部分がわかるのですが、1番怖いのは、何も言ってくれずに一生お店に来ないということです。

そのままお客様の不満に気づかず、同じサービスや商品を販売することでお客様がどんどん離れていってしまうことも大いに考えられるのです。

クレームを受けて落ち込む面もあると思いますが、気持ちが落ち着いたら改善できる機会として、「気づけた」メリットに視点を当ててみましょう。

商品やサービスに対してのいただいたご意見を、自分だけの失敗と考えずにお店に共有することで他のスタッフも気をつけるきっかけにもなります。

あなたの対応すべてが悪かったわけではない

自分の対応に対してクレームを受けた時、とても落ち込んでしまうと思います。

私も、アパレル販売やコールセンター などで自分の対応にご意見をいただくことがありました。

そんな時、自分の対応が全て悪かったと否定するのはやめましょう。

同じことをお客様に伝えるとしても、お客様によってどのように伝わるかやタイミングの悪さがあります。

接客は必ず、お客様という相手が存在してコミュニケーションが成り立つ仕事です。

そのため、相手の捉え方次第で結果も変わってくることをここで整理しておきましょう。

何が言いたいかというと、お客様によっては同じ伝え方や対応では通じないんだということを学び、対応パターンを増やしていくことが大切だということです。

そのお客様には、「どのような伝え方や対応が良かったんだろう」と自分で振り返ってみて、周りにもアドバイスをもらいましょう。

1つ新しい対応方法を身につけることができたと考えると気持ちも前向きになります。

関連記事:仕事で前向きになる方法は?ネガティブなのはやりたくない仕事が原因

クレーム対応はみんな苦手であることを知って楽になろう

クレーム対応が得意な人はいません。

率先してやるものでもなく、クレーム対応が好きという人はいません。

みんな、経験をしてお客様のご要望に合わせて対応が少しずつできるようになっています。

最初から、みんな完璧にできているわけではないので、周りの人よりも対応がうまくできないからといって落ち込まなくても大丈夫です。

仕事のクレームで落ち込む時の対処法(対応方法)

周りにアドバイスをもらおう

1人ではなく、周囲の意見を求めることが重要です。

1人で失敗を考え込んでいてもいいことは思いつきません。

同じ仕事をしている上司や先輩からのアドバイスを聴くことで物事を客観的に捉え直すことができますよ!

クレーム対応の基礎を身につけよう

自分のせいでクレームになったわけじゃないけど、うまくクレームを対応することができなかったという場合があるかと思います。

次回は同じように困らないように、対処法を知っておくことで前向きに捉えていくことができますよね。

すぐに使えるクレーム対応の方法を知りたい人は、接客業でのクレーム対応が怖いときの対処法!これで明日から怖くないを参考にしてみてください。

仕事でクレームを受けるのが怖い時の対処法

先ほど今後の改善については整理しましたが、実際に仕事に行くことを考えると怖くなってしまうこともありますよね。

ここからは、心の立て直し方について紹介していきます。

できていたことに目を向けよう

先ほどもお伝えしましたが、あなたが充分できていることもあります。

人間は、できなかったことの方が印象として残りやすいので、自分ができていたことを振り返ることも大切です。

できていなかったことがあっても、今回はここができていたんだから、「次の機会で、また次のステージに行けば良い」という気持ちで捉えてみる練習をしてみましょう。

関連記事:仕事で落ち込みやすい性格の人は、自分を知ることから始めてみる

これから改善するポイントを1つに絞ろう

「同じようなクレームがきたらどうしよう」と思うのは、自分が対応できない恐怖とどう対応したら良いかわからないからです

そのため、次回同じ対応をする際に具体的に何をすればいいかを1つに決めておきましょう。

まずはお客様の話を落ち着いて聴くことだけに集中する」でもいいと思います。

対応策がわかっていると、気持ちに余裕が持てます。

クレームを受けると、ドキドキして相手の話を冷静に聞きづらいという人は【クレーム対応】相手の話を冷静に聴けるようになるまでに実践したことをぜひ参考にしてみてください。

不安を職場の人に話し切ろう

仕事でクレームを受けて心配事があるときには、職場の上司や先輩に話切りましょう。

仕事での不安は、仕事でしか解消できません。

友達や恋人に相談してもいいのですが、職場の人のほうがその場の状況を正確に理解することができるので、説得力も増しますよね。

同じ職場の人に相談することで、具体的な対応策のアドバイスをもらえるかもしれないので、色んな視点で考えられると思って相談をしてみるといいですよ。

ただ、「こうすれば良かったね」とアドバイスをされたとしても落ち込むことはありません。

繰り返しになりますが、あなたができていたこともあるので、アドバイスは次へのステップとして必要なものだと考えましょう。

このように、心配事はできるだけ仕事で解消して、休みの日は全てを忘れて過ごせるようにしましょう。

ご褒美を与えたり、自分が好きなことをして発散しよう

よくコールセンターでは、クレームを引いた時や大変な案件を担当した時には自分にご褒美を与える人が多いです。

  • 好きなものを食べる
  • ほしかったものを買う

なんでもいいので、クレームがあった時は自分が喜ぶご褒美を与えてあげましょう。

また、好きなことをして発散することもおすすめです。

たとえば

  • ジムで運動して汗をたくさん流す
  • カラオケで好きな曲を好きなだけ歌う

など、落ち込んだ時は自分が好きなことをして、意識的にストレスを発散するようにしましょう。

さいごに:不安を抱えたら無理せずに、転職や新しい道も考えてみよう

このままクレーム対応をすることに不安が強くなってしまうこともあると思います。

「今の仕事しかない」と思ってしまうことでつらくなってしまいますよね。

私もコールセンターでクレームを受けたあと、会社に行くのがつらい時期がありました。

クレームを受けるのがつらい人は、「いざという時には、転職しよう!」と思えるだけでも心の負担が軽くなりますよ。

仕事が無理になったら、いつでもあなた自身で仕事を辞める決断ができると思えたら気持ちが楽になりませんか?

  • 自分の強みを活かせる仕事は、他にないかな?
  • 自分の働きやすい仕事や環境はどんなだろう?

このように、自分の働き方を見直してみるのも1つかもしれません。

この記事がきっかけで、あなたの気持ちが少しでも軽くなったら嬉しいです。

ABOUT ME
つばめ
つばめ
25歳でキャリアコンサルト国家資格を取得。飲食店、販売職、塾講師、ベルガール、グランドスタッフ、コールセンターなどの職種を経験。現在はブロガーとして月間1万PVの当メディアを運営。高校から大学まで英語を専攻し、カナダ留学の経験あり。女性の自由な生き方を発信している。 詳しくはプロフィールにて。