仕事の悩み

退職を1ヶ月前に言うのは遅い?OKパターンとNGパターンを紹介!

退職をしたいけど、いつ上司に申し出たらいいのか悩んでいませんか?

あまり早く言いすぎても職場に居づらくなるし、ギリギリに言って自分が希望する時期に辞めれなかったらどうしよう…と思っているかもしれません。

結論をいうと、会社の就業規則や職場の状況によって1ヶ月前に申し出ても問題ないパターンもあれば、そうでない場合があります。

今回は、筆者の実体験をもとに具体的に退職を伝えるといい時期を紹介していきます。

また、後半では上司に辞めると言いづらい時の対処法についても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

つばめ
つばめ
この記事を読んで、退職のための準備を始めていきましょう!

退職期間1ヶ月前の申告は非常識なのか?

会社の就業規則をチェックしよう

まずは最初に行うことをおすすめするのが、会社の就業規則を確認しておくことです。

なぜなら、基本的には就業規則に記載がある期間内で、会社に退職の申し出を行えば問題ないからです

会社によっても異なりますが、多くは「1ヶ月前や3ヶ月前までに退職を申し入れること」と書かれているようです。

会社の就業規則を確認しておくと良いメリットは、あなたの職場で退職をした人がどのくらいの時期に退職の申し出をしているかという大体の目安がわかることにあります。

法律的には退職期間2週間前までに申し出ればOK

先ほど、会社の就業規則に従って退職を申し出すればいい、とお伝えしました。

しかし、法律では2週間前に退職を申し出ればどのような理由でも、退職することが可能です。

就業規則での「1ヶ月前や3ヶ月前までに退職を申し出ること」よりも、法律での「2週間前に申し出ること」の方が優先されるからです。

(実際には、会社の就業規則で決められていた規則は、あまり意味のなさないものということです。。)

そのため、あなたが会社に2週間前に退職を申し出れば、どんな理由があろうと会社はあなたを引き止めることはできません。

円満退社を目指すなら、1ヶ月〜1ヶ月半前に伝えるのがベター

繰り返しになりますが、法律的には2週間前に退職を伝えれば辞めれます。

しかしその場合、実際には円満に退職できる可能性は低いことが多いです。

やはり退職を申し出るのは遅くても1ヶ月前か、もしくは会社で定められた就業規則を守って退職の申し出をするのがいいでしょう。


本当に1ヶ月前に辞めたいと言えば辞められるの?

次に、私が経験した実体験を紹介していきます。

今回は、 私が働いていた2つの職場を例に挙げてみました。

同じ1ヶ月前に退職を申し出たにも関わらず、職場環境によって上司の反応が異なっていたことがとても興味深いと思います。

  • 店舗従業員4名のアパレル販売職→「もっと早く言ってほしい」と言われた
  • 従業員20名のコールセンター→快くOKが出た

ぜひ、あなたは「どちらの職場に近いかな?」と考えて対策を練っておきましょう。

同じ時期に伝えても会社によって反応が異なる理由とは?

なぜ同じ時期に伝えたのに、会社によって反応が異なるのでしょうか。

違いは、自分が辞めることでどのくらい職場に影響が出るのかに関わっています。

接客や販売職の場合は1店舗当たりの従業員人数が少ないため、1人当たりの仕事量が多いとその分辞めることを引き止められる原因となります。

退職が決まったら、あなたの代わりの人を採用したり本社に調整をお願いしたりと上司のやることが増え慌ただしくなります。

そのため、上司からしたら「もっとあなたに居てもらいたい」「もっと早く言ってほしかった」という気持ちになるのです。

早めに退職の申し出をするといい場合もある

人の入れ替わりが多い職場の場合は、あえて早めに退職を申し出ることもおすすめです。

私が以前働いていたグランドスタッフの職場は、従業員数が多い反面、1ヶ月で退職者が1人は必ずいると言っていいほど人員不足が続いていました。

従業員が多いからと言って辞めやすいのではなく、1人当たりの仕事量がしっかり割り当てられているので、1人が辞めると負担が大きい環境だったのです。

そのため、私は確実に辞めれるように繁忙期を終えてすぐ、退職希望日の3ヶ月前くらいに上司に申し出ました。

早く伝えた理由としては、他の従業員の退職が決定してしまうと言いづらくなるからです。

周りに憎まれずに円満に辞めたいなら、計画的に会社に伝えることで退職を確定させてしまうのも1つの手です。

しかし、早めに退職を伝えるデメリットも存在します。

退職を伝えてからは、安心感から仕事へのやる気が低下してしまい、モチベーションを保つのが大変になる可能性や、周りに退職を知られた中で仕事をすることに苦しさを感じることもあるからです。

自身の職場環境や性格を考慮した上で、計画的に申し出る時期を決めるのが大切です。

会社から引き止めや先延ばしを懇願されたら

私がアパレル販売員のときのように、あなたが1ヶ月前に退職を申し出たにも関わらず引き止めがあったとします。

または、もう少し先にしてくれないかと相談されることもあるでしょう。

つばめ
つばめ
同じ状況になってしまうことを考えて、対策を練っておきましょう。

上司に何を言われても引かないこと

現在進行形ですごく忙しいという時期を除いて、上司に引き止めがあってもあなたの強い意思を持って断ってください。

そうでないと、あなたはいつまで経っても辞められないからです。

  • 人が少ないから
  • これから忙しくなるから

これらの理由からあなたを引き止めるのは、会社都合です。

会社の「人が少ない」という状況は、いつになったら解決するのでしょうか。

自分が会社を辞めたら、あとは会社がどうするのかの問題です。

あなたが全て会社の都合を抱え込む必要はありません。

私も、退職を上司に申し出る前は

「職場の人に悪いな」

「私がいなくなったら職場の人に迷惑をかけてしまう」

などと、いろいろ考えてしまい上司に言いづらかったのですが、だからと言って、申し訳ない気持ちから退職を言い出せなくなってしまうことだけは避けましょう

そうではなければ、あなたはずっと今の職場に居続けることになってしまいますよ。

あなたの人生は、あなたのものです。

あなたが決める権利があるのを忘れないでください!

人手不足で会社を辞められないのは、思い込み!
人手不足で会社を辞められないのは思い込みだった!退職までの方法この記事を読むあなたは、今職場の環境的に仕事を辞めるのを戸惑っている状態ではないでしょうか? 接客の場合には、お店にいるスタッフが少な...

退職理由を明確にしておくこと

退職希望日は自分自身で決められる、という強い気持ちを持ってください。

そのためには、上司から退職時期を引き延ばされたとしても断れるように、「なぜその時期に辞めたいのか」理由を考えておくことが重要です。

次の転職先が決まっているとしたら、それが十分な理由になります。

転職先が決まっていないという人は、退職理由をしっかり準備しておくことが必要です。

ただ経験上、なかなかポジティブな退職理由を見つけることは難しいのが現実。

明確な退職理由がないと、「人が足りない」などの理由で、上司や会社から引き止めが合った場合に説得力に欠ける可能性があります。

会社に退職の申し出をする際、転職先が決まっていなかったとしても、「選考が進んでいる企業がある」ということを具体的に伝えられるのがベストです。

既に転職活動を始めていて、入社したい企業があるということであれば、会社もそれ以上引き止めることはできないはずです。

今の職場に我慢できないときに、やるべきこと

自分の職場に当てはめて、「1ヶ月後の転職ができそうだな」と思っても、この状況なので、辞めてからのことが不安になる方も多いと思います。

転職先を見つけてから仕事を辞めるのが理想ですが、この記事を読んでいる方はすぐにでも仕事を辞めたいという方も多いはずです。

後々後悔しないためにも、今できることを紹介します。

準備不足が招いた後悔

私自身、仕事を辞めてから転職活動をした身です。

「仕事を辞める」という決断自体に後悔はないのですが、当時はその後のことが準備不足でした。

結果、自分のキャリアの選択肢を狭めてしまったので、後悔が残ります。

この記事を読んでいる方も同じような体験をしないよう、仕事を辞める後のことを少しずつ考えておくのがおすすめです。

私の実体験と詳しい転職活動については、以下の記事を参考にしてみてください。

退職後、転職先が見つからないリスクを減らすには?

この状況で「転職先が見つからない」というリスクを少しでも減らすためには、プロに頼りることが大事です。

仕事を辞めたいと思った時点で、転職のプロに相談して今後の自分のキャリアを考えていくこと

転職エージェントなら、転職時期から逆算して退職を目指すことができるのでブランクなく最短で転職が可能で、今後のキャリアの不安についても無料で相談できます。

そのため1人で将来について抱え込むより、無料という機会を活用してプロに1度話を聞いてもらうことがおすすめです。

コロナ禍の中でも、希望の転職を成功させている人の特徴は、今までのスキルや経験を活かしつつ、業界や環境を変えている人たちだと言われます。

転職エージェントに相談し、色々なパターンを考えた上でキャリアを選択すると後悔ない決断に繋がりますよ。

詳しい転職エージェントの選び方は、以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事:キャリアコンサルタントが選ぶ「おすすめの転職エージェント」

これだけはやっておきたいこと

すぐに動き出さない場合でも、いざ転職したいと思ったときのために「自分の市場価値を把握しておく」ことをおすすめします。

リクナビNEXTは、職務経歴書や希望条件を登録しておくだけで企業からオファーをもらえる可能性があり、求人を見て自分がどんな仕事に転職できるかを確認するのに最適です。

自分の希望に合った仕事が見つかれば、そのタイミングで転職に踏み切ることが可能なので、まだ登録が済んでいない方は早めに準備を始めておきましょう。

【公式サイト】リクナビNEXT

コロナ禍の中でも、ニーズが生まれて急きょ採用を開始する企業も少なくないため、気になる求人は見逃さないことが大切です。

つばめ
つばめ
無料登録後は職務経歴書の入力を忘れずに行うことで、企業からオファーを受けれる可能性があります。

関連記事:【転職】適職を見つけるならリクナビのグッドポイント診断がおすすめ

さいごに

今回は、実体験を基に「退職を伝える時期」について紹介しました。

法律では2週間前に退職を申し出れば、どのような理由でも今の会社を辞めることが可能です。

そのため1ヶ月前までに申し出れば、退職できない状況にはなりにくいでしょう。

しかし、実際には職場環境によって「申し出が遅い」と言われてしまう可能性もあります。

その場合には、明確な退職理由を用意しておくことが重要になります。

どんな理由で仕事を辞めるにしても、退職の目的をはっきりさせておくことは、自分自身のためにもなります。

仕事を辞めたくて仕方ない場合でも、前向きな転職に繋がるように今から準備を始めていきましょう。


▼自分に合った転職エージェントを選んでみる

キャリアコンサルタントが選ぶ「おすすめの転職エージェント」

ABOUT ME
つばめ
つばめ
25歳で国家資格キャリアコンサルトを取得。飲食店、販売職、塾講師、ベルガール、グランドスタッフ、コールセンターなどの職種を経験。現在はブロガーとして月間4.2万PVの当メディアを運営。高校から大学まで英語を専攻し、カナダ留学の経験あり。女性の自由な働き方や生き方を発信している。最近は料理にも目覚め、料理検定3級・2級を取得。詳しくはプロフィールにて。
おすすめの転職エージェント
リクルートエージェント
実績豊富なキャリアアドバイザーが、あなたの転職を最後までサポートしてくれます。提出書類の添削、面接対策、業界や企業情報の提供において間違いない転職エージェントです。
おすすめ度
おすすめのポイント独自に分析した業界や企業事情の提供が面接で役立つ
特徴転職支援実績No.1
つばめ
つばめ
面接で聞かれる質問を事前に提供してくれるので、面接の対策がしやすかったです。短期間で転職先を決めたい人は登録しておきたい転職エージェントです!

公式ページ詳細ページ

dodaエージェントサービス
転職サイトはdoda
dodaエージェントサービスは、転職者が持つ強みをしっかり企業にアピールできるようサポートしてくれます。履歴書・職務経歴書の作成時や面接で本来の自分をなかなかアピールできないと感じている人におすすめの転職エージェントです。
おすすめ度
おすすめのポイント転職者の強みや人柄を企業にアピールできる支援が手厚い
特徴転職者満足度No.1の実績
つばめ
つばめ
自分PRや志望動機の言語化が苦手に感じているなら、dodaエージェントで対策を行なっていきましょう!

公式ページ詳細ページ

マイナビジョブ20’s
マイナビジョブ20’sの強みは、適性診断をもとにしたキャリアカウンセリングが行えるところです。
転職者はこれまで自分でも気づかなかった隠れた強みを知ることができ、どのような仕事が合うのかを客観的に知ることができます。
おすすめ度
おすすめのポイント適性検査で自分に向いている仕事に出会える
特徴20代専門の転職エージェント
つばめ
つばめ
転職したいけど「やりたいことがわからない」と感じている20代におすすめです!

公式ページ詳細ページ