英語の学習方法

【ホームステイ】私がカナダで英語の魅力を実感した話【失敗談あり】

【ホームステイ】私がカナダで英語の魅力を実感した話

こんにちは、つばめです。

これからホームステイをするという人も多いと思います。

留学の日付が近づくにつれて、持ち物の準備をし始めている人もいるかもしれません。

私も学生時代にカナダへのホームステイを経験したので、ワクワクした気持ちとソワソワした気持ちで情報を調べていた頃がありました。

本記事では、実際にホームステイで私が感じた魅力や不安を少しでも取り除ける準備方法について紹介していきます。

つばめ
つばめ
ホームステイは、一生の貴重な体験です!

【体験談】私がカナダへホームステイをした目的と理由

私は、大学2年生の頃にカナダのバンクーバーへ短期留学にいき、そこでホームステイをしました。

ホームステイ をした目的は、生の英語と文化を学ぶこと

中学校のときから英語が好きで進学も高校、大学とも英語を専攻していました。

ですが、学校の授業で英語を触れる機会は多かったのですが、いつか留学をして現地で生の英語を学びたいと思っていました。

計画的に留学のスケジュールを組んでいたものの、日本を出る頃が近づきにつれてドキドキ。

つばめ
つばめ
長年の夢が叶うことへの楽しみと不安がどっちも混じっていました。

私がカナダ留学を決めてから帰ってくるまでの体験談は、下記の記事でもまとめています。

関連記事:【カナダ留学】大学生の英語力で私が学んだ10のこと【体験談】

カナダへの短期留学とホームステイの費用

私の場合、1ヶ月間の留学費用がいくらだったかというと約50万円ほどでした。

当初は「正直高いな」と思っていましたが、実際に留学に行ってみてそれ以上の価値があったので行く決断をしてよかったなと感じています。

留学は人生で行ける機会というのはなかなかないですし、ホームステイでの経験は特に英語圏や海外の文化を学べる場。

料理やテレビ、子育ての仕方など、言語以外にも日本との違いを実感できたことはお金で買えない経験だと思います。

日本で英語力をつけることもできますが、そういった経験ができるのはホームステイのいいところです。

ホームステイ先の持ち物や準備で気をつけたこと

私自身、1ヶ月も海外で住むと考えると、荷物が増えてしまって大変でした。

ですがその中で実際にホームステイに行く前に用意しておいてよかったことがありました。

【持ち物】洗濯ネットとスリッパは役に立った

家庭にもよりますが、洗濯は基本的にネットを使っていない場合もあると聞いていたので、必要なものリストに入れて持っていきました。

100均で揃えておくことをおすすめします。

またご存知の通り、カナダを含めて海外では家の中でも土足なので、スリッパを持っていくと自分の部屋だけでもリラックスできます。

荷物を少なくすること

ただし、他の日用品に関しては現地で買えるものも多いので荷物はできるだけ少なくしたほうがおすすめです。

短期留学だとしても色々と用意したくなってしまいますが、最低限のものは用意しておいて足りなくなったら買い足すくらいのほうがいいです。

つばめ
つばめ
スーツケースの半分は空いていたほうが、お土産もたくさん持って帰れます。

肌に触れるものは日本からもっていくのが安心

カナダに行ったのは8月末からだったのですが、最終週にはバンクーバーはとても涼しくて肌寒いくらいでした。

ですが日中の日差しは強く、紫外線も強いです。

他の国でも、特に夏の場合は日焼け止めは忘れずにしましょう。

向こうのスーパーでも買えますが、化粧水などの肌に触れるようなものは極力用意していくのが安心です。

ホームステイ先では挨拶や自己紹介、家族の写真を持っていってよかった

ホストファミリーと仲よくなるために、前もって準備しておいたことがあります。

挨拶や自己紹介を準備

ホストファミリーと初めて会うときは、緊張してしまうものです。

自分の名前や年齢、趣味、なぜ留学に来たのかなど、自己紹介の内容をまとめておくことで当日のコミュニケーションがスムーズになりました。

家族や趣味の写真をもっていくと◎

私は自分のことを知ってもらうために、家族写真を用意して自分の家族構成を説明したりもしました。

他にも、趣味の話など自分が普段やっていることを写真にして持っておくと話がはずみます。

ホームステイにお土産は必要?

ホームステイをするときに、感謝の気持ちを伝えるためにもお土産を用意しておくことをおすすめします。

高価なものではなくていい!日本のお土産は喜ばれる

実は、ホストファミリーとの距離を縮めるのためにはお土産が重要です。

これからお世話になるファミリーに感謝の気持ちを伝える手段として用意していきました。

日本を尊重するようなお土産として小物や絵カード、折り紙などの日本にしかないものを用意したところ、とても喜んでもらえました。

お土産を渡すことによってコミュニケーションが取れる

日本のお土産を渡すことで、話題が広がりホストファミリーと仲良くなることができます。

つばめ
つばめ
ホストファミリーに子どもがいる場合は特に、距離を縮められるタイミングです。

ホームステイでの失敗談

ホームステイをしてよかったこともありましたが、失敗談も経験したのでここで紹介していきたいと思います。

コミュニケーションの文化の違い

ホームステイをしてしばらくすると、何から何までお世話してもらっていることに申し訳ないという気持ちが出てきたときがありました。

そんなとき、どうしても遠慮してしまったことがあったんですよね。

相手が好意でしてくれていることに対して、遠慮して断ってしまうことがありました。

その際、相手が求めているのは素直な気持ちだったということです。

英語圏では特に相手が何を考えているかわからない状況を嫌います。

つばめ
つばめ
文化の違いを実感しました。

相手の行為に対してどう返したらいいかわからない

向こうの行為に対して、もっと素直に甘えてしまってもよかったなと思いました。

日本人なら遠慮してしまうところがありますが、英語圏では相手の行為をありがたく受け止めることが大事だと学びました。

とはいっても、そういった場合にどう英語で返答したらいいかわかりません。

もっと英会話を学んでいれば、コミュニケーションやかける言葉も身につけることができていたと思います。

ホームステイの家族から言われた言葉もあり、自分の意見をしっかり伝えることを心がけていってからはさらに距離が近くなりました。

もっと会話レベルを上げておくことの必要性を感じた

先ほども触れたように、会話で使えるフレーズは本で学ぶことは限られていたりします。

英語のフレーズを頭に入れても、コミュニケーションとして英語が話せないと意味がありません。

できるだけホームステイの前に英会話を伸ばしておけばよかったな、と思ったのが私の失敗談です!

まとめ

私自身、留学でのホームステイ経験は、英語を学べるだけではなく文化も学べて英語の魅力を感じる機会でした。

ホストファミリーとコミュニケーションを深めるための準備をしておくと、初日から安心して一緒に時間を過ごすことができます。

また、一生に少ないホームステイという機会を有意義にするためにも、少しでも英語力をあげておくことで後悔がないですよ!

帰国後はコミュニケーションとしての英語を意識するようになり、オンライン英会話を始めました。

まだホームステイの予定が先だという方は、英語を話す機会を少しでも増やしておくためにもオンライン英会話をおすすめしたいです。

つばめ
つばめ
私が無料体験を受けた体験談をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。
ABOUT ME
つばめ
つばめ
25歳でキャリアコンサルト国家資格を取得。飲食店、販売職、塾講師、ベルガール、グランドスタッフ、コールセンターなどの職種を経験。現在はブロガーとして月間1万PVの当メディアを運営。高校から大学まで英語を専攻し、カナダ留学の経験あり。女性の自由な生き方を発信している。 詳しくはプロフィールにて。