転職と退職

仕事に追われる毎日に疲れた!会社だけのスキル、もう転職すべき?

仕事に追われる毎日に疲れたら転職すべき

「仕事に追われる毎日に疲れた」

職場の人員不足などが理由で、任される仕事やルーティンの仕事に毎日追われていませんか?

期日に間に合わせなければいけない仕事に対して常に時間に追われていると、1日1日の仕事を完了させるだけでも大変です。

場合によっては、仕事が終わらないことで休憩も休みも取れない状態を送っている人もいるかもしれません。

さらにミスが許されない作業だと、神経を使うことで精神的にも体力的にも限界がきてしまいます。

今までの疲れも重なることで、このままだと体にもストレス反応が起こり、いきなり朝仕事に行けなくなることも考えられます。

1人で抱えすぎている仕事があるのであれば、業務の負担を減らせるように早期に改善を目指しましょう。

職場の働き方に改善が難しいのであれば、転職を考えて準備を始めていくことが大切です。

本記事では、転職をすべきかどうかの判断方法と今後の対策を紹介していきます。

つばめ
つばめ
自分の体に無理なく働く方法を考えていきましょう。

仕事に追われる毎日で疲れたと感じる原因

今、あなたが仕事で疲れてしまっている原因からみていきましょう。

仕事量が多いのに人手が足りない

仕事が忙しい時期や人手が足りないことで、一人当たりの仕事が多く負担になっている状況です。

通常の仕事以外にも別で業務が抱えることも多く、今までの自分のペースで仕事ができなくなっています。

期日が迫っている仕事は精神的にもきつく、夜m寝ていても仕事に追われる夢を見る人も少なくありません。

忙しい状況を乗り越えなくてはいけないことを考えると、仕事に行くのも憂うつになることもあります。

責任感が強く、仕事が断れない

誰かが困っていたり間に合わなそうな仕事があると、自分から率先して仕事を引き受けてしまったり、頼まれた仕事を断れないことがあります。

責任感が強く、周りとも協力的な性格を持っている人は、周りに気配りができる一方で自分はかなり追い込まれてしまう状況になってしまいます。

大変なときに周りに頼れない

周りに気軽にお願いすることができない性格の場合も、仕事に追われてしまう原因です。

万が一大変な状況でも、周りに頼れない状態が続くと自分の中で仕事の負担を抱えてしまうようになります。

仕事に追われるストレスへの対処法

これからは、できるだけ自分の負担をなくすために仕事を抱え込まないことが大切です。

ストレスを感じる場合には、仕事量の調整や今後の働き方の改善をする必要があります。

まずは、上司に相談して仕事の調整を行いましょう。

今抱えている仕事が自分の担当になっている場合は、他の人に任さられないかを検討するなどの話し合いが大切です。

もしくは、その際に業務をもっと効率化できないかを相談してみることが必要です。

仕事の効率化を考えることができれば、他の仕事に集中することができます。

できる人こそ、自分一人で仕事を抱え込んでしまうので、自分の状況を報告して上司に仕事量の調整を提案してみましょう。

自分のスキルに繋がっていない毎日なら

それでも改善が難しく、やっている仕事が自分のスキルにも繋がらない場合や、今の会社でキャリアアップが目指せない場合には、転職を考えたほうがいいでしょう。

このまま会社の都合で働かされていても、ただ日常に追われて自分が成長できる機会が少なくなってしまいます。

本来やりたい仕事や自分が挑戦したい仕事があるにも関わらず、日々ルーティンの業務に追われてしまうと、今の仕事をしている意味も見出せなくなりストレスで追い込まれてしまう一方です。

今やっている仕事が、今の会社だけでしか通用しないスキルであればあるほど、将来が不安になってしまいます。

会社の体質は変わりづらいので、もし提案しても改善がみられないのであれば、自分の将来を優先することが大切です。

  • このままだと都合よく仕事を任されるだけで自分のためにならない気がする。

そう思うなら、転職の準備を始めていきましょう。

転職活動の準備を始める方法

転職活動は、今後自分が目指したい方向性を決めるだけでも時間が必要なので、少しずつ準備を始めていくことが大切です。

周りに迷惑がかかるかよりも自分の人生を優先しよう

辞めたいのに、周りに迷惑がかかることから「辞めづらい」と感じる場合もあると思います。

人員不足や新人教育などで手が離せない状態なのであれば、職場に負担がかからない範囲で転職時期を決めるようにしましょう。

ですが、職場を優先に考えすぎて、自分に犠牲を払いすぎないことも大切です。

精神的に追い込まれて体にも影響が出てしまってからでは遅いからです。

つばめ
つばめ
体や心のことを考えて、自分のことを優先させましょう。

関連記事:仕事を辞めるタイミングがわからない?自分の体調を第一に考えること

自分が進みたい方向性を決めることが第一歩

転職を考えても、すぐには目指したい職種やキャリアアップが見つからないことがあります。

転職活動は、スタートする前からどういった方向性でキャリアを目指していくかを決める段階があり、そこには時間がかかるものです。

転職活動を始めてみて、やりたいことが見つからずに転職を諦めてしまう人もいます。

ですが、今のまま働き続けても仕事に追われる日々に体も心も疲れてしまい、自分のキャリアにも繋がりません。

転職時期を決めたら、コツコツ今の会社よりもいい条件がいい場所や、自分がやりたいことを探すことから始めていきましょう。

転職を決める際、できるだけ視野を広げて職業選択ができるよう、転職エージェントを利用することもおすすめです。

つばめ
つばめ
相談は無料で、かつ気軽に電話でも相談ができます。

まずは一度自身のスキルや経験の棚卸しをし、今後のキャリアについて視野を広げる機会として利用してみるのもいいかもしれません。

担当してくださる方によっても話の展開は変わってきますが、相談をすることで自分への理解が深まるきっかけになることもあります。

あくまで転職先を決めるのは自分なので、そこはブレないように参考意見として利用していくことが大切です。

私がおすすめする転職エージェントをまとめているので、下記の記事を参考にしてみてください。

関連記事:【20代向け】おすすめの転職エージェントを厳選しました

まとめ

常に忙しい仕事がストレスで、会社にいくのがしんどいと思ってしまうことがあります。

その場合、仕事を効率化して改善できそうなのか、それとも会社の体質が理由で改善が難しそうなのかを見極めることが大切です。

任される仕事がルーティンばかりで、さらに自分のスキルアップに繋がらないのであれば、転職を考えていく必要があります。

1年後も同じ状況が予想されて、このままの働き方が苦痛に感じるなら、今から少しずつ今後のキャリアを考えていきましょう。

つばめ
つばめ
自分が希望する方向へと進むための第1歩を踏み出してみましょう。
ABOUT ME
つばめ
つばめ
25歳でキャリアコンサルト国家資格を取得。飲食店、販売職、塾講師、ベルガール、グランドスタッフ、コールセンターなどの職種を経験。現在はブロガーとして月間1万PVの当メディアを運営。高校から大学まで英語を専攻し、カナダ留学の経験あり。女性の自由な生き方を発信している。 詳しくはプロフィールにて。