仕事の悩み

仕事で落ち込みやすい性格の人は、自分を知ることから始めてみる

仕事で落ち込みやすい性格の人の原因と改善

仕事で失敗をしてしまったり、人から注意を受けて落ち込んでしまうことってありますよね。

一度落ち込んでしまうと、自分に自信を取り戻すのも大変だったりします。

落ち込みやすい性格を「なんとかしたい」と思う人も多いはずです。

自分らしく働いていくためには、ありのままの自分を知ることが大切です。

この記事を通して、少しでも仕事をする上で心を軽くしていきましょう。

仕事で落ち込みやすい人の特徴と原因

仕事で落ち込んでしまう原因は、下記の2つがあります。

  1. 完璧を求めてしまうこと
  2. 人の目を気にしてしまうこと

それぞれ詳しく見ていきましょう。

完璧を求めてしまうから

仕事で落ち込んでしまう原因の一つは、完璧を求めすぎることで、自分のミスや失敗を許せないことです。

仕事でうまくいかなかった時に、「できなかった自分」を否定し、落ち込んでしまうことも多いと思います。

人の目を気にしてしまうから

仕事でミスをしたり、注意されると周りからどう見られたかを気にしてしまいませんか?

落ち込む原因は、人の目を気にしてしまうことで起きます。

関連記事:【もう疲れた】人の目が気になることで、自己嫌悪に陥った時の対処法

落ち込みやすい性格を変える(改善方法)

落ち込みやすい性格を変えるためには、「ありのままの自分でいること」が大切です。

ありのままの自分で働くことができれば、ミスや失敗に落ち込みにくくなりますし、人の目を気にしないで働くこともできるようになるからです。

そのために、必要なことを紹介していきます。

まずは「ありのままの自分」を知ること

ありのまま働くためには、まずは今の自分を知り、受け入れることが大切です。

自分には何ができて、何が苦手なのかがわかれば、完璧を求めすぎずに自分らしく働くことに繋がるからです。

グッドポイント診断は、自分の強みを知る上で参考になるので、自己分析として利用してみましょう。

自分ができることを伸ばす

仕事に対して完璧を求めてしまいがちですが、どんな業務もミスなく完璧にこなせる人はいません。

自分が苦手なことよりも、得意なことを伸ばしていくほうがありのままで働いていくことができます。

苦手な仕事ばかりなら働き方を変える

もし、今の仕事が苦手なことばかりで落ち込みやすい環境なら、自己分析でわかった自分の強みを伸ばせる環境で働く方法を考えていくことが大切です。

できない仕事に対して自分を否定してしまうことが少なくなり、自己肯定感を高く持って楽しく働くことにも繋がります。

関連記事:仕事がうまくいかない!辞めたい!自分と会社の相性を確かめてみよう

気分が落ち込みやすいと「うつ」のリスクも

仕事で落ち込んでしまう原因が環境からきている場合、無理を続けることでどんどん自分が嫌いになってしまうことがあります。

その結果、気分も落ち込みやすくなり、うつになるリスクもあります。

原因が明らかに自分の性格ではなく環境にあるなら、体や心を壊してしまう前に働き方を見直していきましょう。

転職するかどうかを考えた時、まずは転職の相談ができる無料の場として、転職エージェントがあります。

転職を決めた後の転職サポートまですべて無料で行ってくれるので、迷っている人はまずは相談してみましょう。

関連記事:【20代向け】おすすめの転職エージェントを厳選しました

まとめ

環境に限らず、人から注意されたり、失敗をしてしまって落ち込みやすいという場合は、完璧を目指さずに自分の性格とうまく付き合っていくことが大切です。

ですが、仕事中にいつも周りと比較してしまい、気分も落ち込みやすいという場合には、働き方を見直してみることも一つの方法です。

自分の得意なことを探したり、もっと心地よく働ける場所で好きな仕事をすることに目を向けていきましょう。

自分が落ち込みにくい環境を作ることが、ありのままの自分で働けることに繋がると感じています。

ABOUT ME
つばめ
つばめ
25歳でキャリアコンサルト国家資格を取得。飲食店、販売職、塾講師、ベルガール、グランドスタッフ、コールセンターなどの職種を経験。現在はブロガーとして月間1万PVの当メディアを運営。高校から大学まで英語を専攻し、カナダ留学の経験あり。女性の自由な生き方を発信している。 詳しくはプロフィールにて。