その他

コロナウイルスで注目された「在宅勤務」を叶える方法

コロナウイルスで注目される「在宅ワーク」を叶える方法

コロナウイルスの影響で大手企業を中心に、在宅ワークやリモートワークを取り入れている一方で、接客業や販売職などのサービス業従事者は難しいのが現実です。

もしくは、リモートワークが可能な職種にも関わらず、自分の会社では制度としてまだ取り入れられていない方で、今回の件で転職を考え始めた方もいるかもしれません。

どちらにせよ、感染症の伝染を回避するために、会社に行かなくても仕事ができるのとそうじゃない場合も違いは大きく、この状況では

「在宅ワークやリモートワークの仕事をしている人は、ずるい!」

「自分も在宅ワークの働き方を叶えたい!」

と思ってしまうのも、当たり前です。

ここでは、在宅ワークが可能な仕事内容や働き方を紹介し、今後どうしたら在宅ワークを叶えることができるかを詳しくまとめていきます。

「テレワーク」「リモートワーク」「在宅ワーク」の違いを簡単に

テレワークとリモートワークはさほど意味は変わりなく、どちらも「会社以外で仕事ができる働き方」のこと。

テレワークのほうが先に言葉としては作られていて、総務省では会社の外で仕事をすることを「テレワーク」と表現しています。

一方で在宅ワークは、会社以外で仕事ができるのは同じですが、仕事をする場所が在宅に制限されている点に明確な違いがあります。

つばめ
つばめ
まとめると、以下の通りです!
  • テレワーク・リモートワーク→会社以外で仕事ができる働き方
  • 在宅ワーク→在宅で仕事ができる働き方

また、それぞれ「企業に雇われる働き方」と「個人事業主として働く方法」に分けられます。

前者はわかりやすいと思いますが、企業に所属しながら在宅勤務ができる働き方です。

後者の個人事業主とは、企業に所属せずに専門的なスキルや知識を活かし、個人として企業に仕事をもらう働き方です。

仕事の依頼内容によってかかる時間や報酬も異なり、パソコンを使った仕事の場合は、企業がクラウドソーシングを通じて仕事を依頼し、案件を見つけて仕事を受ける方法が一般的です。

ここまで読むと、できれば会社員として働きながら在宅勤務を可能にし、安定したお給料をもらいたいですよね。

では実際、どんな職種でどんな仕事内容ならそれが可能なのか、具体的に見ていきましょう。


在宅ワークにはどんな仕事がある?

在宅ワークでは、簡単なデータ入力の仕事から内職をはじめ、パソコンを使った専門的な仕事など幅広く存在します。

最近では、事務職やオペレーションの仕事も在宅勤務が可能な場合もあるので、気になる求人を探して自分に合った働き方を叶えることができるでしょう。

他のサイトでは、プログラマーやSE、デザイナーなどの専門的な知識やスキルが必要な仕事が紹介されていますが、ここではその他の仕事内容を中心に紹介していきます。

ライター

企業でライターとして働く方法は、2つ考えられます。

  1. 取材をして執筆する
  2. 会社のブログの記事制作

どちらも正社員として転職が可能。

会社のブログ執筆なら、その分野に特化していることが条件か、もしくはライターとしてのスキルが必要かは採用基準はさまざまです。

ライターの仕事は実力を求められるので、本業にするなら実績作りをしたほうが条件のいい求人への応募ができるかもしれません。

まずは「書く」ということに慣れるためにも、クラウドソーシングで実戦を踏むことでスキルを身につける方法がいいと思います。

ライターを目指すメリットはスキルを身につけることで、将来の働き方を自由にできる可能性が広がる点だといえるでしょう。

実績がつけば、ライター職だけで生計が立てられるので、フリーランスとして働くことも可能です。

電話対応

電話応対の在宅ワークは、短期のバイトや時給の仕事も多い一方で、正社員としての雇用や契約社員からのスタートで正社員登用への求人も出ています。

内容としては、以下のような内容が多いです。

  • 企業の商品・サービスに関する顧客対応
  • ホテルなどの宿泊の問い合わせ対応と予約手続き

単純な電話対応以外にも、こんな仕事内容もあります。

転職サービスに申し込みをした学生と電話でカウンセリングを行い、必要な事務処理を行う仕事

電話対応の仕事でも、自身が何をしたいかによって仕事を選ぶことができます。

お客様対応の仕事のため

  • コールセンター経験
  • 接客・販売職経験

の人が有利です。

企業によっては半年から1年の間は、本社勤務で慣れてきたら在宅勤務に移行する場合があるため、求人の確認が必要になります。

同じ在宅ワークでも、電話対応の場合は時間が決まっている点で自由さが制限されます。

逆に、メリハリが取りやすいので会社で仕事するのと同じように家で働きたい人にはおすすめです。

事務・データ入力

直接お客様と関わらずに、自分のペースで仕事をしたいという方は、在宅ワークとし事務の仕事がおすすめです。

最近では在宅で事務処理ができる求人が増えているので、自身の経験を活かして働ける仕事を見つけてみるのがいいでしょう。

決められた仕事内容を、自分のペースで進められるのが同じ在宅ワークでもいい点。

事務職経験がない人でも、簡単なデータ入力の仕事であれば未経験から転職が可能なケースもあります。

在宅勤務のメリット

在宅勤務のメリットはすでに知っている方もいると思いますが、ここで改めて確認しておきたいと思います。

自分がなぜ在宅ワークをしたいと思ったのかをここで確認するためにも、見ていきましょう!

通勤が必要ない

本来であれば必要な通勤が在宅ワークなら、必要ありません。

通勤ラッシュに巻き込まれることがないためストレスフリーで働くことができます。

人との関わりが少なくてすむ

会社に行けば、少なからず職場の人とコミュニケーションが発生しますが、在宅ワークであれば業務に関わる最低限の連絡だけですみます。

職場の人間関係に悩むこともなくなるでしょう。

仕事によっては自分のペースで進められる

上司からいきなり仕事を頼まれることも少ないので、自分が抱えている仕事内容だけを自分のペースで進められるのがメリットです。

私の場合、集中しているときに人から声をかけられるのが苦手なため、在宅ワークに昔から憧れていました。

在宅勤務のデメリット

在宅ワークは通勤がなく自由な面がある一方で、働き方の特徴から生じるリスクやデメリットの部分も存在します。

ここでは、事前に知っておくことでリスクを軽減しておきましょう。

自分の性格を考えた上で在宅ワークを選ぶことができれば、理想の働き方が叶います。

自己管理ができないと厳しい

在宅勤務だからといってサボれるわけではないし、楽なわけではありません。

むしろ会社と同じ働き方をしなければいけないので、自己管理が大事です。

不規則な生活にならないことを前提に、自分で予定を決めて達成させる能力(仕事は出社時間や終業時間が決まっているため)、体調管理も必要になります。

時間があるのでいつでも食べたり飲んだりできる上、自分に甘いと仕事が間に合わなくなってしまうこともあるかもしれません。

仕事が終わるまでが仕事

接客業や販売職だと営業時間が終了すれば勤務終了ですが、在宅勤務の場合は仕事を完結させることが前提です。

期日を設定して自己管理する能力が必要なので、事務処理能力が身についていけないですし、仕事が終わらなくても誰も助けてくれません。

公私のけじめがつけにくい

会社であれば時間で区切ることができますが、在宅の場合はリラックする場所と仕事部屋を別にするなどの工夫が必要になります。

人によっては公私のけじめがつけにくいため、逆にストレスを感じやすくなるかもしれません。

在宅ワークを始めるために必要なスキル

在宅ワークを叶えるために必要なスキルは「パソコンスキル」です。

私が考えている必要なスキルは、以下の3つ。

  1. タイピング
  2. 基礎的なパソコン操作
  3. 基礎的な電話応対やメール対応

2に関しては、会社がどんなソフトウェアを使用しているかにもよりますが、研修を受ければ慣れることができます。

3に関しては経験値を上げていくことが大事です。

私が接客業からコールセンターに転職した際に苦労したことは、タイピングでした。

電話対応の在宅ワークであれば「話をしながらパソコンで顧客データ入力をすること」が必要になります。

慣れるまではメモを取っていましたが、それでは2度手間なため、慣れておいたほうが効率的です。

接客業から在宅ワークの仕事を目指しているのであれば、今からタイピングの練習をすることをおすすめします。

ブラインドタッチに慣れていれば、電話応対の仕事はできます。

自分に合う在職ワークを選ぶ方法

自分に合う在宅ワークの見つけ方を具体的に見ていきましょう!

ここでは、在宅ワークを選ぶ方法を紹介していきたいと思います。

方法1:経験が活かせるか

経験が活かせる仕事のほうが給料が高くなる可能性が高いです。

なぜ給料が高くなりやすいかというと

  • 接客業経験があるなら電話対応の仕事
  • 事務職経験があるなら事務職の仕事

というように、未経験からスタートさせるよりも、経験が活かせたほうが質の高い仕事ができるからです。

質の高い仕事を提供したほうが企業は価値を感じ、報酬を支払ってくれます。

給料を可能な限りもらって在宅ワークを叶えるなら、経験を活かしましょう。

方法2:準備期間をどのくらいかけるか

「どのくらいの準備期間を設けて在宅ワークを叶えるか」という視点も大事です。

いま接客業をしていて在宅ワークでは顧客対応をしたくないという方の場合、データ入力や事務職の仕事で在宅ワークを始めるとします。

タイピングが早くできるようになること、パソコン操作に慣れること、プラスして在宅ワークが可能になるまで企業で働く期間を考えると、早くて半年、長くて1年くらいはかかるでしょう。

最短で在宅ワークを叶えたいのか、それとも期間は多少かかっても仕事を選びたいかによっても変わってきます。

仕事内容を優先したい場合には、求人情報から「在宅ワークまでにどのくらい期間がかかるのか」を事前に確認しておくことが大切です。

さいごに

在宅ワークは一見通勤も必要ないため自由そうに感じますが、デメリットもあります。

在宅ワークが可能になった今、働き方だけで仕事を選ぶことは、短期的にはいいかもしれません。

専門的な仕事でなければすぐに始められる一方で、スキルや実績にならない仕事もあるからです。

自身の働き方を叶えるためには、キャリアプランを考えて慎重に仕事選びを行いましょう。

ABOUT ME
つばめ
つばめ
25歳でキャリアコンサルト国家資格を取得。飲食店、販売職、塾講師、ベルガール、グランドスタッフ、コールセンターなどの職種を経験。現在はブロガーとして月間4.2万PVの当メディアを運営。高校から大学まで英語を専攻し、カナダ留学の経験あり。女性の自由な働き方や生き方を発信している。 詳しくはプロフィールにて。
おすすめの転職エージェント
リクルートエージェント
実績豊富なキャリアアドバイザーが、あなたの転職を最後までサポートしてくれます。提出書類の添削、面接対策、業界や企業情報の提供において間違いない転職エージェントです。
おすすめ度
おすすめのポイント独自に分析した業界や企業事情の提供が面接で役立つ
特徴転職支援実績No.1
つばめ
つばめ
面接で聞かれる質問を事前に提供してくれるので、面接の対策がしやすかったです。短期間で転職先を決めたい人は登録しておきたい転職エージェントです!

公式ページ詳細ページ

dodaエージェントサービス
転職サイトはdoda
dodaエージェントサービスは、転職者が持つ強みをしっかり企業にアピールできるようサポートしてくれます。履歴書・職務経歴書の作成時や面接で本来の自分をなかなかアピールできないと感じている人におすすめの転職エージェントです。
おすすめ度
おすすめのポイント転職者の強みや人柄を企業にアピールできる支援が手厚い
特徴転職者満足度No.1の実績
つばめ
つばめ
自分PRや志望動機の言語化が苦手に感じているなら、dodaエージェントで対策を行なっていきましょう!

公式ページ詳細ページ

マイナビジョブ20’s
マイナビジョブ20’sの強みは、適性診断をもとにしたキャリアカウンセリングが行えるところです。
転職者はこれまで自分でも気づかなかった隠れた強みを知ることができ、どのような仕事が合うのかを客観的に知ることができます。
おすすめ度
おすすめのポイント適性検査で自分に向いている仕事に出会える
特徴20代専門の転職エージェント
つばめ
つばめ
転職したいけど「やりたいことがわからない」と感じている20代におすすめです!

公式ページ詳細ページ