仕事の悩み

仕事のストレスで起こる症状や原因、解消法【限界で辞めたいとき】

仕事がストレスで出る症状や原因、解消法

「ストレスが限界で仕事を辞めたい」

過去の私はこのように感じていました。

根本的な原因が解消されないと、どんどんストレスはたまってしまい、体調不良を引き起こします。

今の辛い状態を変えたいと思ったら、まずは原因を探ることが大切です。

ストレスの原因を知ることができれば、今の会社に残っていても「改善できることのなのか」、それとも「環境を変えたほうがいいのか」が明確になるからです。

たとえば上司や同僚などの人間関係は、状況がなかなか改善されない場合、環境を変えないと根本的な解決が難しくなります。

自分の健康に大きな影響が出てしまう前に、できるだけ改善に向けて対処していきましょう。

ストレスが限界で仕事を辞めたい!

私自身、「ストレスが限界!仕事を辞めたい!」と思った時期がありました。

今考えてみると、その頃の自分はとても追い詰められていたと思います。

今のあなたも同じような状況かもしれません。

ストレスがたまると、全てが嫌になって「今の状況から逃げ出したい」と思うのは自然なことだと思います。

でも私もそうだったのですが、仕事を辞めるとなると急に「それでいいのかな?」と思ってしまうこともあります。

「後先考えずに判断を急いでしまうと、転職をしてからもまた職場が合わなかったら怖い」

「それに、慣れた仕事だし続けることもできる。やっぱり我慢するべきなのかな」

と思っている自分がいたのです。

でもこのまま仕事を続ける限り、辛い状況は変わらないので、それがさらにストレスになるんですよね。

では、自分にとって幸せでリスクもない選択をするためには、どうしたらいいのでしょうか?

答えは、ストレスの原因が根本的に改善できないなら、少しずつ転職の準備を始めたほうがいいということです。

次の項目では、ストレスがたまる原因について詳しく見ていきましょう。

関連記事:仕事が限界?無理しない働き方は選べる!いまの場所がすべてじゃない

仕事でのストレスの原因は、人間関係や会社への不満

仕事のストレスを感じるとき、1番多い理由として挙げられるのは人間関係です。

あなたも、日々職場の人に気を遣っていたり、合わない人がいることでストレスを抱えているかもしれません。

ストレスの8割の原因が「人間関係」

エンジャパンによると、仕事のストレスを感じている人の8割が上司や同僚などの人間関係に悩まされているという統計が出ています。

人間関係に悩んでいる人の意見によると

  • 上司の気分のムラが激しくて嫌になる
  • 上司の機嫌を伺いながら接することにストレスを感じる
  • 同僚の悪口に振り回されて疲れてしまう

というような声が挙がっています。

仕事よりも人間関係で気を遣う人が多いという意見が出ています。

人間関係は仕事を円滑に進めるために協力も必要なので、とても気を遣ってしまう部分です。

日本では協調性を大事にする文化が根づいているので、人間関係がうまくいなくても自分が環境に合わせることでストレスをためてしまいやすいです。

関連記事:気を使う性格の人が職場で疲れることなく過ごすための方法

上司や同僚、会社への不満は解消できるのか

しかし、実際に人間関係や会社の社風は自分で改善しずらいものです。

なぜなら、上司や同僚の性格を変えることはできないからです。

自分が合わせることは一時的な我慢でなんとかなりますが、長くは続きません。

自分に合わないのであれば、見切りをつけて転職に踏み切る必要もあるのです。

「辞めたいけど、そうは言ってもお金の問題があるから仕事を辞めるのはちょっと…」と思っていましたが、在職中に転職活動をすれば解消されます。

仕事をしながらでも時間を有効的に使って、転職活動ができる方法があるからです。

関連記事:上司が嫌い!辞めたい!合わないなら無理して合わせる必要はない

転職するのは甘えじゃないし悪いことじゃない

「転職って回数が多いとよくないんじゃないの?」質問を受けたこともあります。

しかし今の時代は、転職は悪いことではありません。

なぜなら、今は昔よりも転職をして自分をレベルアップさせたり、年収アップを目指せる時代になっているからです。

「じゃあ、なおさら人間関係が理由で転職してもいいんだろうか?」と思う人もいるかと思います。

でも考えてみてください。

上司が怖くて萎縮してしまったり、同僚から悪口を言われる環境だと、本来の自分らしさって出せなくなっていませんか?

自分が働きやすい環境なら、安心して自分を出せるようになります。

だからこそ、自分に合った環境を目指して転職することは悪いことではないのです。

関連記事:仕事を割り切る?人生に諦めたくないなら、自分を見つめてみる

個人が環境を選んでキャリアを築く時代

実は、私も職場での人間関係に悩んだ時期がありました。

人間関係に悩んでしまうと、仕事にも前向きになれなくなってしまうんですよね。

これ以上関係が悪化しないように、言いたいことや、やりたいことを我慢するようになったりします。

「でも、周りのために我慢し続けることって自分のためになるんだろうか?」

と、ある時に思うようになりました。

私はキャリアコンサルタントという資格を取って、仕事に対する考え方を学んできましたが、それと同時に大事なことを得ることができました。

それは、どんなに仕事を頑張っても環境によって自分は潰されてしまうということです。

1日8時間同じように働くのであればもっと生き生き働けるような環境がありますし、選んでいいんです。

実際に私だけではなく、新しい環境で楽しく働いている人たちもいます。

転職を先送りしてしまう人もいますが、すぐに辞める人との違いはリスクを考えられるかどうかです。

ストレスが悪化すると、体調にも影響が出てしまい取り返しのつかないことにもなりかねません。

次の項目では、ストレスの限界を超えたあとのリスクについて詳しく紹介していきます。

仕事のストレスによる症状

ストレスが限界な状態を越えると、体にも異変が出てきます。

我慢して仕事を続けた人の中には、精神的にも追い詰められて後悔する人が少なくありません。

なぜなら私が実際に、ストレスが原因でうつ病になってしまった人たちから相談を受けたことがあり、そこで後悔している人が多かったからです。

我慢を続けることは、リスクがあります。

最悪な状態を引き起こさないためにも、ストレスの限界を越えることのリスクについて理解しておきましょう。

「眠れない」不眠症状

朝を迎えることが嫌で、そのストレスから寝たくても寝つけないという症状が出ます。

しっかり睡眠が取れないことで会社に行っても仕事に集中できなくなり、ミスも起こりやすくなります。

気持ちも沈みやすくなるため、さらに自分を責めてしまうことに繋がります。

不眠状態は、精神的なうつ状態を作り出す原因になるのです。

頭痛・吐き気などの体調不良

ストレスが悪化すると、仕事のことを考えただけで頭痛や吐き気が襲ってくることがあります。

会社に就くと、いきなりそういった症状が現れる人のことを聞いたことがあるかもしれません。

これは身体表現性障害の症状の一つです。

体自体には特に異常がないのにも関わらず、ストレスが原因で体調不良を招いてしまう病気です。

人によって症状が異なり、頭痛や吐き気以外にも、めまいや腹痛、胃腸など広範囲で体に不調が起こります。

この病気は、なかなか治療まで時間がかかることがわかっています。

なぜなら、ストレスが原因で発症しているため本人次第で回復期間が変わりますし、症状をきっかけに「仕事でも症状が出るんじゃないか」という不安がさらにストレスを生んでしまうからです。

うつ病や不安症など、ほかの精神疾患が合併することがあります。

関連記事:仕事で頭が痛い!偏頭痛を軽くみないで!辞める決意をした私の体験

うつ病などの病気のリスク

不眠や身体的な体の異変から、精神的に追い詰められてしまう人も少なくありません。

その結果、うつ病に発展してしまいます。

結論を先に言ってしまうのですが、今のようにフルタイムで働くことは難しくなるので、仕事を辞めざるを得なくなります。

なぜなら、最悪の場合は、生きることすら辛くなってしまうからです。

何をするにしても活力がなくなるのが、うつ病です。

また、うつ病になると回復までにも時間がかかります。

なぜなら、回復しても社会復帰する前に、働くことへの訓練が必要になる場合もあるからです。

就労移行支援という福祉サービスを利用して仕事に復帰するために心身を慣らしていき、どうしたら自分のペースで無理なく働くことができるかを考えていきます。

そのため、休養時期を入れると最低でも1年以上働くことが困難になることもあるのです。

このような状態になる前に、状況を変えなくてはいけません。

関連記事:【辛い、しんどい】仕事がうつで行きたくないのは甘えじゃないよ

仕事のストレスの解消法

ストレスが限界なまま放置してしまうと、これだけリスクがあることがわかると思います。

では、ストレスを解消するための方法について詳しく見ていきましょう。

状況を改善できるか考える

周りに相談しても改善がされない場合、やはり人間関係のストレスは根本的には改善しづらい原因です。

上司や同僚などの性格までは変えられませんし、こちらが相手に合わせている関係性は今後もストレスを生みます。

働いていて状況が変わりづらいということであれば、早めに転職に踏み切ったほうがいいでしょう。

理由としては先ほど触れたように、ストレスがきっかけで体調不良や精神障害などのリスクがあるからです。

関連記事:職場の人間関係に疲れた!ストレスで辛いなら逃げてもいい!

信頼できる人に相談する

もし仕事で人間関係に悩んでいるなら、あなたが信頼できる職場の人に相談してみるのもいいでしょう。

あなたと同じような状況になったことのある人がいれば、解決策が見つかるかもしれないからです。

とは言っても、確実に変えられるのは転職です。

上司や同僚などの人間関係に悩んでいる場合は、会社の社風や待遇にも違和感を感じているという場合があるからです。

なぜなら実際に私がそうでしたし、周りにも同じように人間関係だけではなく会社に不満を持っていた人がいたからです。

たとえば、上司に自分の意見を言ってもすぐに否定されるという場合、会社自体も古い考え方や概念にとらわれていることがあります。

さらに、同僚が悪口を言ったり嫉妬深い人がいる場合、上司や会社が従業員を好き嫌いで接しているところがあるのです。

会社の性質が人間関係の悪さを生み出すことがあるので、このまま続けても解決しづらい場合があります。

このような状況の場合には、転職の準備を少しずつ始めることで対処していきましょう。

転職活動を少しずつ始めてみる

人間関係で辞めるというネガティブな理由ではなく、自分らしい働き方を叶えるためというポジティブな要因で転職を目指すことも大切です。

なぜなら私自身、前向きな気持ちで転職活動をしたら、次の会社ではいい職場に巡り会えたからです。

「もっといい職場と出会いたい!」という気持ちがあれば、きっと縁があってあなたが楽しく働ける職場と出会うことができます。

まずは自分の可能性を信じることから始まります。

転職活動を始めたいと思ったとき、まずは転職エージェントの登録をおすすめします。

なぜなら、転職エージェントを利用すると1人での転職活動よりも、数多くの情報から自分に合った職場を探すことができるからです。

登録後に得られるメリットは、大きく分けて3つあります。

  • 自分が希望する職種や条件に合った企業の紹介を受けれる
  • 職務経歴書や履歴書が企業に伝わりやすいものに磨ける
  • 選考が進んだ企業の面接対策を受けることできる

とはいえ、転職エージェントに勧められた求人を信じすぎるのではなく、しっかり自分の目で企業を見極めることが必要です。

たとえば、選考が進む会社の職場を実際に見学して働く雰囲気を見るなど、積極的に環境が自分に合うか、確認することをおすすめします。

1つの企業に内定をもらっても、他に自分に合った企業があるかもしれません。

環境や条件に妥協せずに探すためには、在職中に少しずつ転職活動を進めていきましょう。

転職活動にはコツがいるので、業界や職種に合わせた転職活動の進め方をアドバイスしてもらうのも一つの方法です。

中でも私が利用して良かったのは、リクルートエージェントです。

ストレスで体調不良やうつ状態になると、転職活動をやることすら難しい状況になってしまいます。

状況を改善できる方向に少しでも進めれば、ポジティブな方向に気持ちも変わります。

まずは転職の相談をして、ストレスを一人で抱え込まないようにしましょう。

【公式サイト】リクルートエージェント

関連記事:自分らしく生きるとは「抱えたものを手放し、働き方を選ぶ」こと

まとめ:ストレスのない仕事や環境を自分で選ぼう

ストレスが溜まっていると感じるたとき、まずは原因を見つめることが大切です。

その原因が上司や同僚などの人間関係なのであれば、まずは職場の人に相談して助けを求めるか、それが難しい場合には転職を考えて動き出す必要があります。

なぜなら、ストレスが原因で不眠や体調不良、うつ病などの精神病になる危険性があるからです。

転職であなたがもっと生き生き働ける環境を見つけてみましょう。

この記事をきっかけに、我慢しない生活を確立するための第1歩を踏み出してみませんか?

【公式サイト】リクルートエージェント

ABOUT ME
つばめ
つばめ
25歳でキャリアコンサルト国家資格を取得。飲食店、販売職、塾講師、ベルガール、グランドスタッフ、コールセンターなどの職種を経験。現在はブロガーとして月間1万PVの当メディアを運営。高校から大学まで英語を専攻し、カナダ留学の経験あり。女性の自由な生き方を発信している。 詳しくはプロフィールにて。